2017年08月06日〜2017年08月12日の障害者雇用関連ニュース

個性キラリ80点 障害者5人がアート展 豊岡
神戸新聞
障害者らの創作活動を支援するNPO法人「がっせぇアート」(養父市)が、3年前から毎年開催。同法人の作品展に出品した人のうち、数人にスポットを当てて開いており、今年は生田直史さん、田中美穂さん、田村富男さん、田村愛優さん、冨森まみ子さんが作品を寄せた。
続きを読む

視覚障害者も知らない“内方線”周知徹底を 27人から聞き取り調査
毎日新聞
視覚障害者の交通問題に詳しい加藤俊和さん(72、京都市)は、この内方線について「視覚障害者にどれだけ知られているか」や、「どの程度役立つか」を聞き取ってまとめた。加藤さんは、内方線が「線路への転落を防ぐ、根本的な解決策ではない」などと軽視されていると指摘。
続きを読む

特集 高齢視覚障害者の今/上 施設の暮らし 専門的ケアなど充実
毎日新聞
高齢視覚障害者の生活を巡って、介護保険制度への移行による利用可能なサービスの変化や費用負担の増加といった問題が指摘されている。施設や地域での暮らしの現状はどうなっているのか? 昨年6月オープンの京都ライトハウス高齢者総合福祉センター「ライトハウス …
続きを読む

障害者に移動手段を 高知県いの町で自動車運転教室|高知新聞
高知新聞
高知市障害福祉センター主催の「障害のある方の運転教室」が8月5日、高知県吾川郡いの町枝川の高知県運転免許センターで開かれた。けがや病気などで運転免許を …
続きを読む

同じ聴覚障がいでも「ろう」「難聴」「中途失聴」で異なるコミュニケーション方法
エキサイトニュース
日本には障害者手帳を持つ「聴覚障害者」は32.4万人いる。これは、日本の総人口の385人に1人の割合である。街中でも見かけることの多い「視覚障害者」は31.6万人なので、わずかではあるが聴覚障害者のほうが数としては多い。しかし、聴覚障害者に関する正しい …
続きを読む

健常者のマッサージ学校規制、是非は 国は障害者に配慮
朝日新聞
視覚障害がない人がマッサージの国家資格を取れるコースの新設を大阪の学校法人が政府に申請したら、認定されなかった。政府は視覚障害者の「適職」を守ろうと他からの参入を抑える施策を続けてきたが、法人側は「憲法が保障する『職業選択の自由』の制限だ」と批判、 …
続きを読む

相模原障害者殺傷事件・獄中の植松聖被告から届いた手紙
BLOGOS
日本中を震撼させた津久井やまゆり園での障害者殺傷事件から7月26日で1年を迎えた。8月7日発売の月刊『創』9月号では「相模原事件後1年」という特集を組んでいるが、その中で植松聖被告の獄中からの手紙を全文公開している。彼はこの間、多くのマスコミの依頼に応じて …
相模原殺傷から1年 障害者がいる日常に 脳性まひ当事者団体「REAVA」・渋谷治巳理事長 /神奈川毎日新聞
【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「猛」》相模原事件から1年、知的障害のある人の生きる意味を考えるZAKZAK
続きを読む

障害者スポーツ団体への支援実施に対し鈴木大地スポーツ庁長官より感謝状を受賞
時事通信
錦城護謨株式会社は、日本ブラインドテニス連盟に対する支援として同連盟の主催する大会(平成29年6月3日から4日に開催された関東ブラインドテニス茨城オープン大会)で視覚障害者歩行誘導ソフトマットを提供しました。この取り組みが高く評価され、鈴木大地スポーツ庁 …
続きを読む

障害者が働ける牛舎新設 那須高原で「農福連携」推進 栃木
産経ニュース
那須高原ハーレー牧場の第2牧場(那須塩原市関谷)に障害者が働ける牛舎が新設される。国や県が推進する障害者を農業の担い手とした「農福連携」の取り組みで、車椅子での搾乳作業も可能になる。障害者の労働環境を整えた牛舎の整備は全国でも珍しく、県内初の …
続きを読む

障害者大量解雇で失業給付手続き 倉敷、対象多く広い会場使用
山陽新聞 (会員登録)
倉敷市内にある障害者の就労継続支援A型事業所5カ所が一斉に閉鎖され、障害者約220人が解雇された問題で、ハローワーク倉敷中央は7日、倉敷アイビースクエア(同市本町)で、雇用保険の失業給付の合同受け付け会を初めて開いた。解雇者が多く、窓口だけでは対応が …
続きを読む

来月「あっぴリレーマラソン」…視覚障害者が初挑戦
読売新聞
県内の視覚障害者3人と一般のランナーでつくるチームが、八幡平市で9月3日に開かれる「第24回あっぴリレーマラソン」(八幡平市、テレビ岩手など主催)に出場する。たすきをつないで42・195キロを走る大会で、視覚障害者を含むチームの出場は初めて。メンバーは「障害者 …
続きを読む

障害別に見る競技/4 四肢の切断・欠損など 健常者と磨き合う 裾野拡大、強化下支えに
毎日新聞
パラリンピックには手足や腕、脚など四肢を事故や病気で切断したり、生まれながら欠損したりと、その機能に障害がある人たちも多く参加する。そんなアスリートが楽しめる団体球技の一つがシッティングバレーボールだ。競技人口の少なさもあり、健常者選手が障害者選手の育成 …
続きを読む

ぴーなっつ(2) 障害者自立へ道探る
中日新聞
実際に障害者と街に出ると、今まで見ていなかったことがどんどん浮き彫りになってきました。当時、NPO法人・文福の前身団体である当事者団体「『障害者』の地域問題を考える会」(障地問)で活動していた八木さんたちは、最重度の身体障害者で、手足は動かず口で介護人に …
続きを読む

障害者の感性、鮮やかに 豊岡 /兵庫
毎日新聞
身近な人物や静物などを色鮮やかに描いた美術展「がっせぇアート5人展」が6日、豊岡市中央町の豊岡稽古堂で始まった。知的・精神障害者の創作活動を支援するNPO法人「がっせぇアート」(養父市八鹿町、茨木やよい理事長)が、毎年開催するがっせぇアート展のこれまでの …
個性キラリ80点 障害者5人がアート展 豊岡神戸新聞
続きを読む

静かなる衝撃!音のない世界での対話「ダイアログ・イン・サイレンス」、日本で初開催
電通報
真っ暗闇の中で視覚障害者のアテンドを受けながら対話を楽しむソーシャルエンターテインメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」、70歳以上のアテンドと共にさまざまなゲームやプログラムを介して世代を超えて対話する体験型イベント「ダイアログ・ウィズ・タイム」に次ぐプロジェクト …
音のない世界でミッションに挑戦fnn-news.com
続きを読む

視覚障害者に防災ベスト配布
公明新聞
栃木県日光市はこのほど、視覚障害者が身に着けることで、災害時の支援を受けやすくする防災ベストを県内で初めて作製。市内の対象者149人に郵送した。 これは、公明党の荒川礼子市議が2015年6月の定例会などを通じて繰り返し導入を求めたもの。 作製された防災 …
続きを読む

【海外発!Breaking News】自閉症で身体障がいを持つ娘のため バリアフリー・テーマパークを創設した父(米)
livedoor
障がいを持つ娘と遊びたがらない他の子供たちを見た父は、22年間携わってきた事業を売却し、どんな障害者でも訪れることが可能なテーマパークの設営に挑んだ。2010年に米テキサス州サンアントニオにオープンした「モーガンズ・ワンダーランド(Morgan's Wonderland)」は …
続きを読む

パラリンピック陸上の先駆的アスリートのすべてを描いた 読む人に勇気と …
時事通信
[株式会社東洋館出版社]2020年の東京へ――今、パラスポーツを革新的なスポーツとして楽しむ時代が訪れようとしている。その時代の主役になり得る一人が、山本篤で …
パラアスリート・山本篤のすべてを描いた「義足のアスリート」発売CYCLE
続きを読む

体験し理解深め 豊島 /東京
毎日新聞
視覚障害者柔道は一般的な柔道とほぼ同じルールだが、相手と組んだ状態で試合が始まる点が異なる。高校時代には柔道部だった田村さんは「自分の経験した柔道との違いを実感し、特有の動きにも意味があると分かった。体験して応援したい気持ちがより強くなった」と語った。
続きを読む

超音波リストバンドが 視覚障害者の「目」になる日
MITテクノロジーレビュー (会員登録)
スヌ(Sunu)」と呼ばれる会社の共同創業者であるアルベルトリオCEOは、障害物を感知する第六感を持っているわけではない。その代わりに、2人の共同創業者と共に開発した、手首に装着するガジェットを身につけている。このガジェットはソナーセンサーを備え、利用者は微妙な …
続きを読む

生活支援付き障害者住宅の入居者募集
宇部日報
生活支援付き障害者住宅(宇部市小羽山)の入居者を募集している。 同社の運営する居宅介護事業所ヘルパーステーション創のサポートが受けられ、家事や医療機関の受診、薬の管理など、身の回りのことができるか不安という人も安心して利用できる。室内には相談用電話が …
続きを読む

満足度向上も課題あり 静岡県の障害者生活実態調査
@S[アットエス] by 静岡新聞
静岡県は7日、県内の障害者を対象に生活実態などを尋ねた調査の結果を公表した。生活への満足度は「満足・どちらかといえば満足」が69・9%で2014年度の前回調査(67・9%)より上昇した。一方、新規調査で差別や虐待経験がある人が17・4%いることも判明。介助者の …
続きを読む

チャッフィー着ぐるみ支援を 2024年国体準備委募金を開始 /滋賀
毎日新聞
2024年の国体と障害者スポーツ大会の開催準備委員会は、マスコットキャラクターになった「チャッフィー」の着ぐるみを作るための寄付金募集を始めた。5万円以上を寄付すればチャッフィーと仲間のキャッフィーがそろってお礼に来る特典を設けた。 募集目標金額は着ぐるみ1体 …
続きを読む

娘のために遊園地を建てた米男性 総工費56億円
BBCニュース
もともと不動産開発業のハートマンさんは、2005年に所有していた複数の住宅建設会社を売り、障害者支援の非営利団体「ゴードン・ハートマン家族財団」を設立していた。ハートマンさんは「世界初のものすごく寛容なテーマパーク」の建設に着手した。 「すべての人が何でもできる …
続きを読む

ミャンマー:障害者雇用の理解を深める
ハフィントンポスト
ミャンマーでは、障害者の失業率は85%以上、軽度の障害者に限った失業率でさえ58.2%という報告もあり、障害者への福祉サービスは十分とは言えません。 AAR Japan[難民を助ける会]はミャンマー・ヤンゴンで、障害者のための職業訓練校を運営し、障害者の …
続きを読む

障がいのあるなしに関わらず、共に学ぶ「インクルージョン・ワークショップ …
時事通信
ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区台場1-7-1アクアシティお台場5F)では9月10日(日)、ソニー・太陽株式会社主催による「 …
続きを読む

障害者施設殺傷事件 65歳女性遺族が初めて手記
NHK
また犠牲になった人たちの名前が、遺族の意向を理由に公表されていないことについては、「障害のある姉を恥ずかしいとか知られたくないと思ったからではありません」としたうえで、家族に障害者がいることで差別を受ける現実があり、ほかの遺族の事情も考慮して匿名に同意 …
続きを読む

障害者を補助する外骨格に「Alexa」統合、 音声コマンドで操作可能に。米ロボット企業が開発
Engadget 日本版
これらの外骨格・パワードスーツと同様にARKEも基本的には装着者の動き、体重移動などをセンサーで検知し、その動きを助けるように動作します。そこにAlexaを組み込むことで「Alexa, I'm ready to stand(立つ準備ができました)」「Alexa, I'm ready to walk(歩く準備ができ …
続きを読む

障害者、外国人に羽田使いやすく IT新サービス次々
東京新聞
二〇二〇年東京五輪・パラリンピックに向け、羽田空港(東京都大田区)の国際線ターミナルで、障害者や外国人が使いやすいようにと情報技術(IT)を駆使した取り組みが進んでいる。自律走行する電動車いす、行き先の交通情報を四カ国語でスマートフォンに取り込める案内板 …
羽田空港国際線ターミナル、スマホをかざすだけの多言語情報サービスや自律走行するロボット車椅子などの公開実証実験トラベル Watch
羽田空港で情報通信技術の実証実験始まるNHK
東京五輪見据え、空港で最先端情報技術の実証実験テレビ朝日
続きを読む

障害者解雇 倉敷で初の合同面接会 市とハローワーク、47人参加
山陽新聞 (会員登録)
倉敷市内にある就労継続支援A型事業所5カ所が一斉に閉鎖され、障害者約220人が解雇された問題で、ハローワーク倉敷中央と同市は9日、初の合同就職面接会を市内で開いた。障害者47人が参加し、新たな職場を求めて事業所ブースを回った。 午前は14の一般事業所、 …
続きを読む

県支援地域協 障害者差別解消に取り組み整理
佐賀新聞
障害者や支援団体、行政機関でつくる「佐賀県障害者差別解消支援地域協議会」の会合が8日、佐賀市で開かれた。災害時の避難所確保や医療の充実といった「生命」に関わる課題など、差別解消に向けた取り組みを5項目に整理した。 日常生活で感じる困り事を、県が障害者 …
続きを読む

ミサワホームが障害者グループホーム
SankeiBiz
ミサワホームは千葉県富津市で、障害者とその家族、勤務スタッフらが住む6棟の建物で構成されたコミュニティーの工事に着手、2018年3月の完成を目指す。6棟のうち3棟は障害者グループホーム。通常の入居者は1棟当たり5人程度が多いが2~4人とすることで、共用部を …
続きを読む

立教学院が日本身体障害者水泳連盟、日本知的障害者水泳連盟と「連携協力に関する包括協定」を締結
共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
8月4日(金)、学校法人立教学院(東京都豊島区、理事長 神谷昭男)と一般社団法人日本身体障害者水泳連盟(会長 河合純一)および一般社団法人日本知的障害者水泳連盟(会長 佐野和夫)は、「連携協力に関する包括協定」を締結しました。 この協定は、立教学院と両連盟 …
続きを読む

急増の「放課後等デイサービス」 障害児の支援経験ある職員必要に /福岡
毎日新聞
こうした経緯を踏まえ、厚労省は4月から事業所の管理責任者には、障害児や障害者に対する3年以上の支援経験を必須とし、職員の半数以上を児童福祉施設で2年以上の勤務経験があるか、保育士などの有資格者とすることにした。既存の事業所にも今年度中にこの条件を …
続きを読む

生の無条件の肯定、今こそ
Yahoo!ニュース 個人
相模原の知的障害者施設で利用者十九人を刺殺する事件が起きた。この施設の元職員である加害者は、「障害者なんていなくなればいい」「意思疎通ができない人たちは幸せをつくれない」などの発言を繰り返しているという。 このような差別を許す社会であっては絶対に …
続きを読む

立教学院が日本身体障害者水泳連盟、日本知的障害者水泳連盟と「連携協力に関する包括協定」を締結(共同通信PRワイヤー)
毎日新聞
本学院は、2014年7月に日本身体障害者水泳連盟と施設利用に関する覚書を締結。本学院のポール・ラッシュ・アスレティックセンター室内温水プール(PRACプール)やセントポール・アクアティックセンター室内温水プールを練習施設として提供し、リオデジャネイロ・ …
続きを読む

学校現場をみつめて/19 働く意味 障害者から学ぶ /四国
毎日新聞
同社の最大の特色は、障害者雇用の取り組みなのです。約80人の従業員のうち、60人程度が知的障害者ですが、業績は順調に伸びています。障害者の雇用を始めたのは、今から50年以上前のことであり、当時会社の近くにあった養護学校(特別支援学校)から、生徒の …
続きを読む

くらしナビ・ライフスタイル
毎日新聞
そのまま歩いていたら足をとられて転んでしまう」。7月上旬、横浜市で視覚障害者の歩行ルートを調査していたNPO法人「ことばの道案内」(通称ことナビ)のメンバーが、危険箇所をチェックする。2004年の設立以来、駅から公共機関や主要施設へのルートを言葉で説明する …
続きを読む

障害者なんでもADR 弁護士会が初設置
わかやま新報オンラインニュース
和歌山弁護士会は(畑純一会長)は、障害のある人がADR(裁判外紛争解決手続き)を気軽に利用できるよう「障害者なんでもADR」を設置した。9日に和歌山市四番丁の和歌山弁護士会館で記者会見を開き、発表した。同会によると、障害者専用のADR体制の整備は都道府県 …
続きを読む

ショッピングを「辛い」から「楽しい」へ ARで身体障害者の買い物をサポート
NewSphere
車椅子の技術進化による支援を得て、身体障害者がこれまで以上に高いレベルの自立を楽しめるようになった。しかし、私たちが普段、何気なく行っている日常的な活動に関して、彼らはまだ大きな障害を負っているのが現状だ。その好例のひとつはショッピングだ。車椅子の人 …
続きを読む

「障害あってもかけがえのない家族」 姉思い遺族手記
毎日新聞
相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で昨年7月、46人が殺傷された事件で、犠牲となった65歳の女性入所者の弟が9日、弁護士を通じて初めて、報道機関に手記を寄せた。弟は「姉は知的障害というハンデがありましたが、私たちにとってかけがえのない家族でした」と …
続きを読む

西村直人の障害者の運転再開を支援するホンダ「自操運転復帰プログラム」を体験してみた
Car Watch
ホンダでは福祉領域を「障害者」と「高齢者」で分けて捉えており、それぞれの状況に適した福祉車両を開発してきた。また、障害者に対しては、自らクルマを操る楽しさを応援するため「自操運転復帰プログラム」(運転再開)と題して、社会復帰に向けたシミュレーターによる運転 …
続きを読む

障害者らの「ヘルプ」 メッセージで伝えるカード作成
朝日新聞
作成するのは、発達障害のある人たちを支援する「UnBalance(アンバランス)」(大阪市平野区)。カードは「SOCCA(ソッカ)」と名付けた。 「そっか、こういう支援を求めている人がいるんだ、と気づいてもらえたらという気持ちを込めた」と代表理事の元村祐子さん(47)は説明する …
大阪)発達障害支援団体がヘルプカード作成asahi.com
続きを読む

「対象障害者」の範囲は? 法定雇用率が大幅引上げ
労働新聞社
障害者雇用率が大幅に上がるという報道を目にしました。当社は、現行の雇用率(2.0%)をギリギリでクリアしている状態です。新たに「障害者」の雇用も検討する必要がありますが、対象範囲となる障害者はどのように定義されているのでしょうか。【熊本・S社】. A …
続きを読む

相模原障害者施設殺傷事件・植松聖被告は、内向的だけど目立ちたい「アンバランスな人間」【THE 筆跡鑑定ファイル】
エキサイトニュース
相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が刺殺、27人が負傷した事件から1年がたつ。植松聖被告は「手紙魔」でもあり、事件前に衆議院議長に手紙を渡そうとしており、事件後も複数のメディアに対し手紙を送っている。ここではその手紙に書かれていることではなく、 …
続きを読む

障害者スポーツへの関心を | NNNニュース
日テレNEWS24
障害者スポーツへの関心を高めてもらおうと、村岡知事が8日、リオ・パラリンピック女子マラソン銀メダリスト道下美里さんのガイドランナーを体験した。村岡知事は、 …
続きを読む

障害児・者向け 口腔保健センター起工
大分合同新聞
式には関係者約20人が出席。神事で玉串をささげるなどして工事の安全を祈願した。長尾会長は「歯科医師の研修機関としての役割も担っていきたい」とあいさつした。 県歯科医師会や県によると、障害者の専門治療機関は県内に1カ所しかなく、予約が数カ月先になることもある …
続きを読む

社会と障がい、共生の術学ぶ 沖縄出身・難病の美術家、モントリオール大学院へ
沖縄タイムス
今年、モントリオールの視覚障害者リハビリセンターで機能訓練を受け、北米では共生のインクルーシブ教育が充実していることや、自立を目的とした高度で多様性のある訓練内容に刺激を受け、カナダで指導者になりたいとの思いが芽生えたという。 将来的には、大学教授を …
続きを読む

ショッピングを「辛い」から「楽しい」へ ARで身体障害者の買い物をサポート
BLOGOS
車椅子の技術進化による支援を得て、身体障害者がこれまで以上に高いレベルの自立を楽しめるようになった。しかし、私たちが普段、何気なく行っている日常的な活動に関して、彼らはまだ大きな障害を負っているのが現状だ。その好例のひとつはショッピングだ。車椅子の人 …
続きを読む

仕事でも活躍する障害者を「すごい」と言わない社会に|オリパラ …
日本経済新聞
7月21日、私の住むカナダの政府が、次世代のスポーツ選手への投資計画を発表した。身体的、精神的、医科学的、戦術的など、あらゆる面での強化を目指し、2020年東京 …
続きを読む

障害者雇用拡大に県内で取り組み
日本経済新聞
新潟県の企業や自治体が障害者雇用の拡大に取り組んでいる。精密部品の組み立てを手掛ける「With You」(柏崎市)は労働・通勤環境に配慮した新工場に移転し、働き手を増やす。新潟県は障害者をサポートする人材を育てる講座を増やす。県内企業の障害者雇用者数は …
続きを読む

ユニバーサルマナー 検定通じ高齢者・障害者のお手伝い
朝日新聞
まずはこのフレーズで話しかけてほしい」. 約50人の受講者に岸田さんはこう語りかけ、障害者が普段の生活の中で不安や不自由を感じる場面などを説明した。受講した会社員の女性(44)は「(障害がある)当事者の話が聞けて勉強になる。普段の生活で生かせることが多くある …
続きを読む

障害者大量解雇、運営側が弁明書 倉敷市「内容精査し対応検討」
山陽新聞 (会員登録)
倉敷市内にある障害者の就労継続支援A型事業所が一斉に閉鎖し、障害者約220人が解雇された問題で、同市などから障害者の受け入れ先を見つけるよう勧告された一般社団法人「あじさいの輪」と株式会社「あじさい … この記事は会員限定です。 電子版にご利用登録後、 …
続きを読む

全国障害者スポーツ大会ロゴデザイン決定 2022年栃木県で開催|下野 …
下野新聞
県保健福祉部は10日、2022年に本県で開催される第22回全国障害者スポーツ大会(いちご一会とちぎ大会)の愛称・スローガンのロゴデザイン=図=が決定したと発表 …
続きを読む

仕事でも活躍する障害者を「すごい」と言わない社会に
日本経済新聞
この計画を発表したのがカーラ・クワルトロー・スポーツ障害者大臣。就任した15年11月から、スポーツや障害者の環境に大きな影響を与えている。実は彼女自身、パラリンピックの水泳で3つの銅メダルを獲得したアスリート。私が目標とするパラリンピアンの一人でもある。
続きを読む

視覚障害者の会、今年も阿波踊りへ 亡き先輩の遺志胸に
朝日新聞
街が踊り一色に染まる徳島市の阿波踊りに毎年、視覚障害者や盲導犬、介助人らがつくる「ハーネス連」が参加している。一昨年、連のリーダーが交通事故に遭い、一緒にいた盲導犬とともに命を落とした。その遺志を継いだ連のメンバーら約100人は、12日に開幕する今年の …
続きを読む

事業所、国へ無届けで運営 高松にも2カ所 2市で76人解雇 /岡山
毎日新聞
障害者総合支援法では、複数の都道府県で就労継続支援事業所を設置する場合、国に届け出なければならないと定めている。同社は2016~17年に高松市内に2カ所、倉敷市内に1カ所の事業所を開設したが、届け出を怠っていた。3カ所とも7月末で閉鎖され、倉敷市で17 …
続きを読む

深川 身体障害者割引
毎日新聞
意外に少ない、身体障害者割引の常備券。昭和58年8月12日発行。 1872(明治5)年の鉄道開通とともに140年以上にわたって日本で使われてきた切符。1枚の小さな紙片には、発行された当時の世相や空気が凝縮されています。明治から現代まで「切符のメモリー」を写真で …
続きを読む

相模原事件受け講座 19日、中央区で /大阪
毎日新聞
第2部では、2003年に精神病院を退院する際に断種手術を強要されたという岩手県在住の片方司さん(67)が体験を語る。 大家連の岸上知三副会長は「日本が障害者排除の政策をとってきたことを知ってほしい」と話す。参加無料。大家連(06・6941・5797)。【道岡美波】 …
続きを読む

障害者が土のう作り 佐野の社福法人施設、市と協定
東京新聞
佐野市は災害時に備えて、同市で障害者支援施設を運営する社会福祉法人「瑞宝会」と、毎年一定数の土のうの提供を受ける協定を結んだ。土のうは同会の施設を利用する知的障害者らが作る。市役所であった協定の締結式で、同会事業本部長の土屋登さん(50)は「施設 …
続きを読む