2016年02月14日〜2016年02月20日の関連ニュース

元青年海外協力隊の杉山さんが、ボホール島に知的障害者福祉作業所を開設
日刊まにら新聞
国際協力機香iJICA)青年海外協力隊の元隊員、杉山明子さん(41)=横浜市出身=が5月までに、ビサヤ地方ボホール島に初の知的障害者福祉作業所を開設する。かつて協力隊員として、島の特別支援学校で教育支援を行っていた杉山さんは、卒業後に行き場がない教え子 …
続きを読む

【福島民友新聞の社説】障害者雇用の推進/みんなが活躍できる環境を
47NEWS
福島市にある運動着メーカーのクラロン。ミシンや裁断機などが並ぶ工場では、服の製造工程ごとに担当者がてきぱきと仕事をこなしている。 同社は、社員135人のうち36人が心身障害者だ。作業の工程を細く分けて単純にすることで、全社員が適性に応じ仕事ができるよう工夫 …
続きを読む

卓球とバレーボールで卓球バレー
福井新聞
卓球とバレーボールを組み合わせたチームスポーツ「卓球バレー」の福井県内初の大会が13日、福井市の県社会福祉センター体育館で開かれた。2018年福井国体と合わせて開かれる全国障害者スポーツ大会のオープン競技の一つに含まれており、普及に向けたキックオフ …
続きを読む

「農福連携」広がる 農家は人手確保、障害者の自立に道
東京新聞
障害のある人が農業の現場で働く例が急増している。高齢化で働き手が不足するなか、農家は障害者を貴重な労働力として歓迎、障害者にとっては安定収入を得られ経済的自立を目指すことができる。「農福連携」という新たな取り組みに、国や自治体も支援に乗り出している。
続きを読む

働く障害者 外見磨きで就労後押し 企業雇用率全国最低の県内で /宮城
毎日新聞
働く障害者を対象にした「基本のスキンケア&メイク講座」が14日、仙台市青葉区の福祉プラザで開かれた。県内企業の障害者雇用率は全国最低レベル。主催団体の一つで、障害者アートの商品化に取り組む「エイブルアート・カンパニー」(本部・奈良市)の柴崎由美子さん(42) …
続きを読む

チェコで障害者のための性的介助サービス、支援団体立ち上げ
AFPBB News
ここの「性的介助者」たちは、利用者の身体的な欲求を満たすことはもちろん、障害者が自らの性と向き合い、付き合っていくことを支援するための訓練も受けている。 欧州連合(EU)で性的介助サービスを導入したのはオランダが草分けで、デンマークやフランス、ドイツ、スイスが …
続きを読む

障害者スポーツの魅力に迫る番組、BS日テレでスタート
産経ニュース
パラアスリート(障害者スポーツ選手)の努力や人間性、競技の奥深さに迫るドキュメンタリー番組「ストロングポイント」(日曜午後5時)が21日、BS日テレでスタートする。初回ゲストは、車いすマラャ唐フ世界大会を何度も制した副島正純選手で、妻との二人三脚の合宿に密着する …
続きを読む

背景や配慮の考え学ぶ 障害者差別解消法セミナー
日本海新聞
松波さんは、法律ができた背景の一つとして、障害者を取り巻く考え方の変化を挙げ、障害者が生きる上での不自由さは身体の医学的問題とする古くからの考えではなく、障壁のある社会とする考えに変化していることを説明し「不自由さをなくす責任も社会全体にある」とした。
続きを読む

くりぃむ上田、障害者スポーツ選手を応援する新番組でナレーション
お笑いナタリー
上田はナレーションを務めるほか、視聴者が抱いているであろう素朴な疑問に迫るコーナーにも登場。番組については「民放BS初の障害者スポーツ専門番組を担当させていただけるのは非常に幸せだと思っています。障害者スポ−ツには健常者のスポーツとは、また違った競技の …
続きを読む

「第12回精神障害者自立支援活動賞(リリー賞)」受賞者決定!2016年3月11日(金) 撫イ式&セミナー 開催
PR TIMES (プレスリリース)
認定特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機香Eコンボ(事務局:千葉県市川市、以下「コンボ」)は、「第12回 精神障害者自立支援活動賞(通称:リリー賞)−ひとりひとりの輝くあしたへ−」を募集し、59件の応募の中から、選考委員会により、特に優れた活動を行っている当事者 …
続きを読む

知的障害者にわいせつ疑いで支援施設職員の44歳男逮捕 岐阜県警
産経ニュース
岐阜県警は15日、知的障害がある少女にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつの疑いで、同県可児市今渡、障害者支援施設職員の井上純容疑者(44)を逮捕した。可児署によると「無理やりではなかった」と容疑を否認している。 逮捕容疑は昨年9月中旬、県内に …
続きを読む

「障害者差別解消法」テーマでシンポジウム開催、旅行業トレンドや課題を議論 ゛TB総研
トラベルボイス(公式)
JTB総合研究所は2016年2月23日、横浜にて「障害者差別解消法」をテーマとしたシンポジウムを開催する。同社主任研究員のほか、観光庁、各種関連事業者からスピーカーが登壇。ユニバーサルツーリズムのトレンドや課題の議論に加え、アシスト機器の紹介などを広くおこなう …
続きを読む

47NEWS > 共同ニュース > 障害者配慮、4月から義務化 差別解消法、低い認知度
47NEWS
障害者に対する差別的取り扱いを禁止し、公的機関に必要な配慮を義務付ける障害者差別解消法が4月に施行される。学校や交通機関、一般の商店などにも影響の大きい法律で、サービス向上への障害者の期待は高いが … [記事全文] …
続きを読む

障害者雇用インフォメーションニュース いわき市で障害者雇用拡大を後押しする企業に向けたセミナーと企業見学会を開催
障害者雇用インフォメーション
これは障害者雇用に関心を寄せる企業等に、障害者雇用についての雇用、労働や福祉等の関係機関からの話、また現在障害者雇用に取り組む企業からのの実例発浮ネどを行うセミナーで、企業の障害者雇用への不安解消と、今後の取り組み強化を目的に行われる …
続きを読む

光警報装置で火災訓練 目黒の施設 聴覚障害者ら参加
東京新聞
光の明滅で火災を知らせる光警報装置を使った避難訓練が序Z日、目黒区心身障害者センター「あいアイ館」(八雲一)で行われた。非常に強い発光で聴覚に障害のある人らに危険を知らせる仕組み。区によると公共施設への光警報装置の設置や障害者が参加する訓練は、二? …
続きを読む

相互理解深めよう…東京でイベント開催
毎日新聞
… 選手(25)=サンリツ=が車椅子卓球で対戦。パラリンピック3大会連続出場中の別所選手が快勝した。中島選手は「初めての経験だったが、別所選手の技術は高かった」と感心した様子。別所選手は「今後も障害者スポーツへの理解を深める機会が増えればいい」と語った。
続きを読む

厚労省が改正案 「65歳問題」救済策 介護の自己負担分支給
毎日新聞
障害福祉サービスは介護保険と同様、利用料の1割を自己負担するが、障害が重いほど必要なサービスが増えて負担が増すことなどから、10年に利用者の約9割にあたる低所得者は無料になった。しかし障害者総合支援法は、同じサービスがある場合は介護保険を優先利用 …
続きを読む

聴覚障害者、選挙が身近に 候補者演説など「要約筆記」に報酬OK
東京新聞
聴覚障害がある有権者のために、候補者の演説などを文字で簡略に伝える「要約筆記」に対し、政党や候補者が報酬を支払えるようにする公職選挙法改正案が、今国会で成立する見通しになった。夏の参院選から適用される公算。従来、認められていた手話通訳への報酬の …
続きを読む

障害者差別解消法 /鹿児島
毎日新聞
法律が施行されるだけでは、何も変わらない。共生社会をつくるには、障害者一人一人にとって、何が社会的障壁になっているのかをまずは知らなければならない。行政には、法施行のPRだけでなく、相互理解促進の場を提供するなどの対応が求められているのではないかと思う …
続きを読む

発達障害者支援法改正へ 超党派の議連が提出めざす
ハフィントンポスト
自閉症の人などへの早期発見などを定めた発達障害者支援法が10年ぶりに見直されることが分かった。都道府県に発達障害者支援地域協議会(仮称)を設置し、関係機関が有機的に連携することを目指す。超党派で告ャする「発達障害の支援を考える議員連盟」(尾辻秀久 …
続きを読む

障害者雇用ノウハウ学ぶ 仙台でセミナー
河北新報
県と宮城労働局などは17日、精神障害者への理解を深めてもらい、雇用促進につなげる企業向けセミナーを仙台市内で開いた。 県内企業の人事担当者ら約60人が参加。精神障害者雇用に積極的なリオン・ドールコーポレーション(会津若松市)の人事部総務マネージャー佐藤 …
続きを読む

障害者と共生へ 条例案を発? 障壁除去費用を補助/差別解決に相談窓口 /兵庫
毎日新聞
4月に施行される障害者差別解消法では、「障壁」を可狽ネ限り取り除く「合理的配慮」が求められており、助成制度で市民や民間事業者らが過重な負担を理由に「配慮」を断念しないよう応援する。市は補助対象となる事例として、飲食店の点字メニューなど点字による情報保障に …
続きを読む

つえの持ち込み可に 傍聴規則改正、障害者の社会参加を後押し /鹿児島
毎日新聞
障害の有無にかかわらない共生社会の実現を目指す障害者差別解消法の4月施行を踏まえ、県議会は、視覚障害者の白杖(はくじょう)など、つえを傍聴席に持ち込めるよう傍聴規則を改正した。全国都道府県議会議長会の決定に基づくもので、視覚障害者団体などは「社会 …
続きを読む

依然少ない助成金 スポンサー探し奔走中
毎日新聞
9月のリオデジャネイロ・パラリンピックに向け、健常者に比べて国からの強化費が少ない障害者の競技団体が独自のスポンサー探しに奔走している。日本肢体不自由者卓球協会は障害者スポーツとして初めて自治体とのスポンサー契約を結び、今月20日には東京都でPR …
続きを読む

地元の「宝」 障害者が生き生き働く施設を見学
両丹日日新聞
福知山市勅使の天津小学校(藤田久代校長)の3、4年生15人が、近くにある障害者就労支援施設、第2ふくちやま作業所(石田数哉管理者)を訪れ、利用者が働く姿を見学し、職員から話を聞いて障害者福祉への理解を深めた。 児童らは総合的な学習で今年度、「天津の宝」を …
続きを読む

県虐待対応専門職チーム、障害者にも拡大 4月ごろから
愛媛新聞
愛媛弁護士会と愛媛県社会福祉士会で組織し、高齢者虐待について関係機関に助言などを行う「県虐待対応専門職チーム」は17日までに、4月ごろから障害者虐待にも対応する方針を固めた。19日に松山市である県障害者虐待防止連携会議で自治体担当者などに説明する …
続きを読む

障害者の4人に1人貧困 慶大調査、一般の2倍
日本経済新聞
生活に苦しむ人の割合を示す相対的貧困率が障害者では25%を超え、4人に1人以上が貧困状態にあることが山田篤裕慶応大教授らの研究グループの調査で分かった。障害のない人の数値に比べほぼ2倍だった。 政府は全人口や18歳未満の子供を対象にした貧困率は計算 …
続きを読む

障害者歯科診療所開設へ
東海日日新聞
市によると、特に知的障害者は診療中に魔黷トしまう場合があり、市内で障害者を受け入れている歯科医院は3カ所だけと限られる。豊橋市の近隣でみると、豊川市歯科医師会が第1、2、4木曜日の午前9時〜正午に、蒲郡市が第2、3、4木曜日の午前9時〜午後1時まで障害 …
続きを読む

視覚障害者が警察署で講演 現状や注意点訴える 2016年02月20日
読売新聞
京都府視覚障害者協会副会長で、阿久根市出身の松永信也さん(59)(京都市)が19日、鹿児島中央署と鹿児島南署で、「視覚障害者からのメッセージ」と題して講演した=写真、鹿児島中央署で=。 松永さんは、佛教大を卒業後、児童福祉施設へ就職。40歳の時、網膜色素 …
続きを読む

障害者用椅子を効率生産 システムフレンド、3Dスキャナーで
日本経済新聞
システム穀zなどのシステムフレンド(広島市)は、身体障害者向けの特殊な椅子を効率的に生産できるシステムを開発した。3Dスキャナーを活用し、低コストで短期での納入が可狽ノなる。特殊な椅子の生産を専門に手掛ける、であい工房(広島県廿日市市)と連携し、今春から …
続きを読む

「就業は必然」 研修会に70人 伊賀 /三重
毎日新聞
まずNPO法人「障害者就業・雇用支援センター」の秦政(まこと)理事長が「地域活性と障がいのある人の社会参加」と題して講演し、高齢化と労働力人口の減少で、障害者の就業は必然と指摘した。更に4月の障害者雇用促進法改正で差別の禁止と合理的配慮が義務付け …
続きを読む

障害者差別解消へ 対応急ぐ 新得町は「町障害者条例」も
緒泱??V聞
また、「災害時の避難所で、聴覚障害者がいることを管理者に伝えたのに、音声による情報提供しか行わない」など、障害者から社会的障壁の除去を必要としていると意思楓セがあり、その実施の負担が過重でないときは「合理的な配慮」をすることが行政機関などは義務、事業者 …
施行前に地域フォーラム /鹿児島毎日新聞
事業者への浸透最優先タウンニュース
続きを読む

「障害者スポーツを劇的に変える」 舛添知事が施政方針
東京新聞
都議会の第一回定例会が庶オ日、開会した。舛添要一知事は施政方針で、障害者スポーツに関して「(二〇二〇年の)パラリンピックを通じて劇的に変えていく」と楓セ。一六年度落Z案に盛り込んだ二百億円の障害者スポーツ振興基金を活用し、今後四年間に集中的、重点的に …
続きを読む

建築士ら、障害者対応住宅を学ぶ
佐賀新聞
医療の知識を取り入れた住宅改修に取り組む事業者の育成を図る本年度最後の研修会が7日、佐賀市で開かれた。建築士や設計士ら約60人が子どもの障害をテーマに専門医から講義を受け、家族が世話をしやすい環境づくりも視野に住環境の改善策を学んだ。 佐賀大医学部 …
続きを読む

パラリンピック入場券不振=障害者競技のPR急務
ニッケイ新聞
伯国の文化レベルは障害者のスポーツを応援したり観戦したりするレベルまで高まっていない。パラリンピックのプロモーションは伯国社会を変えていく最良のチャンスだ」と語った。 CPBは今後の販売計画として、「パラリンピックはチケット代が安価だから、家族みんなで観戦 …
続きを読む

エスプール Research Memo(1):人材派遣・障害者雇用支援サービスが伸長、売上高は過去最高更新
株探ニュース
エスプール<2471>は、コールセンター業務や携帯電話販売支援業務等への人材アウトメ[シングサービスと、ロジスティクスアウトメ[シングサービスが主力。第3の柱として障害者雇用支援サービスが急成長。「常に新たな価値を提供し成長し続けるNo.1アウトメ[シング・ …
エスプール Research Memo(4):障害者雇用支援サービスなどが大幅な増収増益FISCO(フィスコ)
続きを読む

奄美大島で障害者ダイバーのための指導員養成コースが開催されます
財経新聞
アメリカに本部がある世界最大の障害者ダイビング指導団体 HSA(Handicapped Scuba Association)が日本で障害者のための指導員養成講座を開催する。この指導員養成コースには今後日本単独で指導員を養成できるようになるコースディレクターコースも含まれ日本 …
続きを読む

障害者スポーツ支援のための電報サービスを通じた寄附について
読売新聞
NTT西日本及びNTT東日本は、障害者スポーツの普及・強化等を支援するため、2015年5月29日(金)から、寄附付き電報「書道アート電報(夢・つなぐ)」を販売してまいりました。 この度、2015年12月31日(木)までにご利用いただいた売上の一部を、公益財団法人日本障害者 …
続きを読む

【ベトナム】視覚障害者が働く「暗闇レストラン」が人気
Global News Asia
その後、暗闇の中をガイドする視覚障がいを持つスタッフの案内により、一切の光が入らない部屋の中でフルコースを楽しむ。客の多くは、「暗闇の中での食事」というエンターテインメント性を楽しむために訪れるが、このレストランのコンセプトには「視覚障害者の雇用創出と …
続きを読む

ラリーでつかめ!サポーター 障害者卓球選手が市民と交流
東京新聞
二〇二〇年東京パラリンピックに向け、障害者卓球を紹介し選手を応援する大会が二藷?A東京都中央区で開かれた。障害の有無や男女、年齢に関係なく試合をしたほか、体験イベントでは一般参加者が車いすに乗って選手と打ち合うなどし、競技の楽しさや難しさに触れた。
理解深めよう毎日新聞
<障害者卓球>相互理解深めよう…東京でイベント開催BIGLOBEニュース
続きを読む

絵画や写真 言葉で鑑賞…視覚障害者へ健常者解説 2016年02月21日
読売新聞
この日は、視覚障害者4人を含む高校生から70歳代までの男女20人が参加。職員から企画展の概要などの説明を受け、グループに分かれて鑑賞を始めた。作品の解説と質問を繰り返しながら一緒に歩く。 今回の展示は、新進気鋭の写真家・石川竜一さん(31)の作品。人物や …
続きを読む

小野智華子選手と宮崎哲選手、あいおいニッセイ同和損保入社内定 アスナビ通じ /東京
毎日新聞
日本オリンピック委員会は19日、同委員会のアスリート就職支援活動「アスナビ」を通じ、障害者水泳の小野智華子(20)と宮崎哲(22)の両選手が、損害保険大手のあいおいニッセイ同和損保への今春の入社が内定したと発普B渋谷区の同社本社で同日、内定式が行われた。
続きを読む

記者解説 障害者の工賃
佐賀新聞
記者解説 障害者の工賃. 2016年02月20日 11時19分. 特報班 古川公弥. □底上げへ現場の模索続く 月額1万7000円3年で5%増. 県内のB型事業所は14年度末時点で88カ所あり、約1700人が利用している。11年度の65カ所から23カ所増えている。雇用契約を結ばない …
続きを読む

奄美大島で障害者ダイバーのための指導員養成コースが開催されます
ValuePress! (プレスリリース)
アメリカに本部がある世界最大の障害者ダイビング指導団体 HSA(Handicapped Scuba Association)が日本で障害者のための指導員養成講座を開催する。この指導員養成コースには今後日本単独で指導員を養成できるようになるコースディレクターコースも含まれ日本 …
続きを読む

大阪の協会が事業化 ノウハウ普及目指す
毎日新聞
災害時に逃げ遅れやすい障害者が被害に遭うのを防ごうと、大阪市西区の一般社団法人が、障害者が利用する福祉施設の防災体制づくりをサポートする事業に乗り出した。東日本大震災で障害者の死亡率は被災者全体の約2倍だったとされる。障害者の防災の充実が急務 …
続きを読む