2017年04月02日〜2017年04月08日の障害者関連ニュース

北海道芽室町 障害者の自立につながる収入増の取り組み NEWSポスト …
NEWSポストセブン
障害者の就労支援ときくと、賃金が低いので仕事というより訓練だというイメージが強い。ところが、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が訪ねた北海道十勝平野の真ん中 …
北海道芽室町 障害者の自立につながる収入増の取り組み日刊アメーバニュース
続きを読む

障害者施策の重要ポイント 事前準備の協力要請 福祉関係主管課長会議
毎日新聞
厚生労働省が主催する「障害保健福祉関係主管課長会議」が8日、同省で開かれ、都道府県、政令市などの担当者らが参加した。国は2018年4月が障害者施策の重要な時期的ポイントになると指摘して、各自治体で体制が整うよう事前準備の協力を求めた。また、地域生活 …
続きを読む

障害者が自然に働く場 来月オープン5周年 松江・洋風居酒屋 /島根
毎日新聞
障害者が働く松江市朝日町の洋風居酒屋「ビストロ庵タンドール」が5月にオープン5周年を迎える。「街の目に付く場所で障害者が働いているのが自然な社会になれば」と、市内の社会福祉法人「ふらっと」がJR松江駅前に開いた店は、スタッフの努力や周囲の支えで、多くの人に …
続きを読む

住みやすい社会 道半ば 障害者差別解消法施行1年
中日新聞
金沢市では法施行直前の昨年三月、盲導犬を理由に障害者がタクシー乗車を拒否された。石川県内の盲導犬使用者の団体「アイメイトクラブ石川」の佐藤憲理事長(84)=同県加賀市=は「法施行後は乗車拒否は聞いていない。盲導犬を使う障害者への理解も徐々に進んで …
続きを読む

障害者の中高生、就労を支援 札幌のNPO、10日から「将来像描いて」 /北海道
毎日新聞
障害者の就労を支援する札幌市北区のNPO「札幌チャレンジド」が4月から、障害のある中高生を対象にパソコンの技能習得のための講習を始める。加納尚明理事長は「子どもたちが将来像を描き、それをサポートするキャリアデザインセンターとして自立を促したい」と意気込む。
続きを読む

映画通じ福祉の現場見つめて 障害児施設描いた作品など11本 – 東京新聞
東京新聞
世田谷区の市民グループ「優れたドキュメンタリー映画を観(み)る会」が十五~二十一日、同区松原の下高井戸シネマで、障害者福祉などをテーマにした映画の上映会を開く …
続きを読む

阿波市の障害者施設 交流増へ常設カフェ【徳島ニュース】- 徳島新聞社
徳島新聞
阿波市の障害者施設 交流増へ常設カフェ カフェでは、カレーや焼きそば、ハンバーガーをはじめ、センターで製造している弁当や洋菓子、パンなどを販売し、誰もが自由に …
続きを読む

全盲の男性、辺野古に100回以上も通い続ける理由 「戦争は多くの障害者を生み出す」
沖縄タイムス
生まれつき全盲の那覇市の男性(65)は2年半で計100日以上、「島ぐるみ会議」が運行するバスに1人で乗り、辺野古の座り込みに参加してきた。「新基地建設を止めるため、少しでも貢献したいという思い。同じ思いの仲間に支えられ、続けることができている」と話す。 この記事 …
続きを読む

職場での障害者のサポート人材を育成『職場内障害者サポーター事業』都内企業の募集開始
産経ニュース
株式会社パソナグループの特例子会社 株式会社パソナハートフル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 深澤旬子)は、公益財団法人東京しごと財団からの受託により、障害者の定着化・戦力化を目指す都内企業を対象に、職場内で障害のある社員のフォローや支援を行う …
続きを読む

視覚障害者のクライマーへの支援Tシャツ ~12年目の2017年版 …
時事通信
株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)の「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」は、視覚障害者のクライミングを …
続きを読む

北海道芽室町 障害者の自立につながる収入増の取り組み
エキサイトニュース
障害者の就労支援ときくと、賃金が低いので仕事というより訓練だというイメージが強い。ところが、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が訪ねた北海道十勝平野の真ん中にある芽室町(めむろちょう)では、経済的自立につながる就労支援がされている。ゲートボール発祥の地 …
続きを読む

脳卒中障害者の生活調査…名古屋のNPO
読売新聞
脳卒中による障害者の生きがいづくりに取り組んでいるNPO法人ドリーム(名古屋市中区)が、脳卒中発症後1年以上を経過した障害者を対象に生活実態のアンケート調査を始めた。当事者や家族を対象に4月30日まで実施し、9月にも結果を公表し、支援につなげたい考えだ。
続きを読む

ビストロ庵タンドール:障害者が自然に働く場 来月オープン5周年 松江 …
毎日新聞
障害者が働く松江市朝日町の洋風居酒屋「ビストロ庵タンドール」が5月にオープン5周年を迎える。「街の目に付く場所で障害者が働いているのが自然な社会になれば」と、市 …
続きを読む

セルフSSで給油サポートのポスター掲示を促進します~障害者差別解消 …
PR TIMES (プレスリリース)
出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:月岡 隆、以下、当社)は障害者差別解消法に則り、セルフSSにて、お気軽に給油サポートに関するご相談を …
続きを読む

知的障害者 広がる自立生活
東京新聞
障害者が入所施設から出て、住み慣れた地域で暮らす「地域移行」を推進する障害者自立支援法(現・障害者総合支援法)が二〇〇六年に施行されてから約十年が経過した。しかし、知的障害者は、身体障害者と比較して入所率が高く、地域で生活する場合も、家族と暮らすか、 …
続きを読む

やるつもりのなかった障害者支援が天職に! AAR Japanヤンゴン職業訓練校所長・中川善雄さんの挑戦
ganas(運営団体:特定非営利活動法人開発メディア) (プレスリリース)
ミャンマー・ヤンゴンに拠点を置く日本のNGO「AAR Japan(難民を助ける会)」は、職業訓練を通じて障害者の自立を促している。唯一の日本人スタッフが、職業訓練校の所長を務める中川善雄さん(33)だ。「もともと障害者支援をしたいわけではなかったが、障害者であるに …
続きを読む

~7年で約8倍に!急増する発達障害者の需要に合わせ拠点を3か…
ValuePress! (プレスリリース)
障害者専門の、就職・転職支援を行う株式会社ゼネラルパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:進藤均)は、2017年4月1日、発達障害者専門の教育・研修施設として、就労移行支援事業所(※)「LinkBe秋葉原」を開所しました。2015年4月1日開所の「LinkBe …
続きを読む

ともに走る喜び 元五輪代表・伊藤華英さんが伴走体験
毎日新聞
2020年東京パラリンピックの開催が決まり、障害者のスポーツ参加を促進することが期待されているが、身近なウオーキングやランニングでも手助けとなる伴走者が足りていない。「おもてなしランナー協会」と毎日新聞社が共催して東京都千代田区の北の丸公園で開かれた伴走 …
続きを読む

注目競技と選手 不調乗り越え復活へ手応え 競泳男子(知的障害) 田中康大(27)
毎日新聞
知的障害者として日本初の金メダリストは苦闘を続けている。2012年ロンドン五輪の競泳男子100メートル平泳ぎを制した田中康大(27)=気愛水泳塾=は昨年のリオデジャネイロ・パラリンピックは4位に終わった。リオ後はトレーニング方法も見直して、20年東京パラリンピック …
続きを読む

障害者と伝統産業 両者の未来
Allantanys
筆者にそう語ってくれた友人は、高機能自閉症を持っていることも教えてくれました。『高機能』と付いているだけあって、そう告白されるまで、彼がいわゆる『障害者』であるということはわかりませんでした。ただ少し、変わった子だなぁ、という印象がある優しい友人です。けれど、 …
続きを読む

注目競技と選手 さらなる高みへ ボッチャ 広瀬隆喜(32)
毎日新聞
20年東京パラリンピックの開催が決まり、障害者スポーツへの注目度も上がった。リオ前は時々「ボッチャやっているのですか」と街中で声はかけられたが、リオ後は「広瀬さんですよね」と呼びかけられることが増えた。ボッチャ用具の購入も国内では現在3カ月待ちの状態。競技の …
続きを読む

広がる支援の輪 垣根越え「未来志向」
毎日新聞
2020年東京パラリンピックの開催を契機に障害者スポーツを支援する動きが国内企業で盛んになっている。健常者と障害者のバリアフリー社会の実現に共感しているだけでなく、障害者スポーツを応援することで社員が多様で柔軟な考え方を持つことを期待してのことだ。昨年の …
続きを読む

支え合う、競技も子育ても 聴覚障害の夫と全盲の妻
毎日新聞
そろって障害者スポーツの陸上競技でトップ選手である高田裕士と妻千明は障害を抱えながら、競技と子育てを両立している。裕士は生まれつきの感音性難聴で、千明は18歳で全盲になった。結婚して約10年になるが、裕士に互いの障害を補い合うという意識はない。「困って …
続きを読む

障害者の自立、人工呼吸器使用の日常描く 上田の市民団体CIL、実行委員会の参加者募集 /長野
毎日新聞
映画は、筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症(ALS)といった難病を患って人工呼吸器を使用している男女5人の日常を追っている。普通高校に通う男子学生や重度の障害者の自立生活センター(CIL)の代表として支援を続けている人らが出演している。 募集しているの …
続きを読む

注目競技と選手 海外戦術取り入れ巧守強化 車いすラグビー 池崎大輔(39)
毎日新聞
車いすラグビーには障害が軽いほど高くなる持ち点(ポイント)があり、一度にコートに入る4人の持ち点が合計8点以内になるように「ライン」を編成する。障害が軽く持ち … つわものが多い海外のプレッシャーやフィジカル、メンタルなどの感覚を積み上げたい」と池崎。継続的に海外 …
続きを読む

注目競技と選手 スピード光る新星 車いすバスケットボール 川原凜(20)
毎日新聞
長崎市出身の川原は、先天性の脊髄(せきずい)腫瘍により腹から下がまひしている。中学生の時に人気漫画「リアル」で車いすバスケを知った。「バスケを始めたら変われるかな」。中学まで障害を恥じる思いがあった。「自信があってかっこいい登場人物のようになりたかった」。
続きを読む

支援協議会、県内設置ゼロ 市町村の8割「具体策ない」 /沖縄
毎日新聞
2016年4月に施行された障害者差別解消法に基づく「障害者差別解消支援地域協議会」が、沖縄県内全ての市町村で設置されていないことが3日までに琉球新報の調べで分かった。設置に向け「具体的な取り組みをしていない」と答えた市町村は78%(32市町村)に上る。
続きを読む

障害者の駐車場を写真看板で確保 迷惑行為へ注意喚起 別府のNPO、病院に設置 大分県
西日本新聞
NPO法人「自立支援センターおおいた」(別府市)は、障害者らの専用駐車スペース確保のため、車いす利用者の写真とメッセージを表記した看板を西別府病院(同市鶴見)に設置した。後を絶たない迷惑駐車に対し、米国で実施された社会実験の手法を取り入れた。今後設置場所 …
続きを読む

フットサルを通じた交流を!“障害者就労支援のスポーツバー”が誕生
BLOGOS
障害者の働く場所は作業所や工場などが大半であり、単純作業による給与の安さが1つの課題として存在していた。2016年12月に厚生労働省から発表された就労継続支援A型(※1)の平均賃金は6万6,412円である(※2)。これに障害者年金が加わり、やっと健常者と同様の …
続きを読む

障害者福祉施設「三田わくわく村」 4カ所目開設
神戸新聞
知的障害者が通う兵庫県三田市の福祉施設「三田わくわく村」のすずかけ台事業所が3日、同市すずかけ台4にオープンした。運営する社会福祉法人「風」が4カ所目の授産施設として整備。市内外から10~60代の計20人が通い、作業や自立訓練などに取り組む。 同法人は …
続きを読む

視覚障害者の世界広げ 録音赤十字奉仕団やまどりが創立40周年
カナロコ(神奈川新聞)
視覚障害者に本や新聞、雑誌を音読したCDを制作する「伊勢原市録音赤十字奉仕団やまどり」が創立40周年を迎える。地域の話題を中心にさまざまな情報を伝え続け、利用者からは「世界を広げてくれた」と評価されてきた。活弁士による情景説明を聞きながら映画を楽しめる …
続きを読む

障害者アート、商業利用の道 使用料収入、新しい働き方
北海道新聞
障害者の描いた絵画やイラストの商業利用を目指す動きが、石狩管内の福祉関係者の間で広がっている。作品の使用料収入を得ることで障害者の経済的な余裕につなげたり、独創性あふれるデザインを社会に発信したりする狙いがある。道外の福祉団体と作家契約を結び、商品 …
続きを読む

障害者差別 ダメ 条例施行1年 県内団体訴え
中日新聞
障害者差別を禁止した県条例が昨年四月の施行から一年が経過したのを受け、県内の障害者団体が三日、富山駅で条例を周知するチラシを配布した。県身体障害者福祉協会の久々江除作(くぐえよさく)事務局長は「まだまだ条例を知らない人がいる」と話し、条例が社会に浸透 …
続きを読む

中小企業に60万円助成 障害者雇用率を底上げへ 愛知県
日本の人事部 (プレスリリース)
愛知県は、県内企業における障害者雇用の拡大をめざし、中小企業を対象とする助成金支給を開始する。全国で2番目に低い障害者雇用率の底上げにつなげたい考え。 対象となるのは、常用労働者数50人以上300人以下で、過去3年間に障害者の雇用実績がない企業。今年4 …
続きを読む

手話通訳士 県聴覚障害者センター・大岡政恵主任に聞く /岡山
毎日新聞
手話を通じて障害者と交流し、世界が広がりました。人の思いを伝えてあげられる仕事にやりがいを感じています。裁判や医療、学校の三者面談の手話通訳は特に緊張しますね。なるべくその人の言語レベルに合わせながら、言いたいことをしっかり伝えられるように努めています …
社説:手話言語条例施行 共生目指し普及図ろう秋田魁新報
続きを読む

障害者差別解消、沖縄は協議会ゼロ 設置促す法施行から1年 市町村 …
琉球新報
2016年4月に施行された障害者差別解消法に基づく「障害者差別解消支援地域協議会」が、沖縄県内全ての市町村で設置されていないことが3日までに琉球新報の調べで …
続きを読む

障害者スポーツを応援する、スポーツと文化のコラボレーションイベント …
PR TIMES (プレスリリース)
一般社団法人スポーツオブハートのプレスリリース(2017年4月4日 11時00分)障害者スポーツを応援する、スポーツと文化のコラボレーションイベント [SPORTS of …
続きを読む

~7年で約8倍に!急増する発達障害者の需要に合わせ拠点を3か所 …
プレスリリース ゼロ (プレスリリース)
障害者専門の、就職・転職支援を行う株式会社ゼネラルパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:進藤均)は、2017年4月1日、発達障害者専門の教育・ …
続きを読む

障害者の声を 車いす、武道館動かす
毎日新聞
公益財団法人・日本武道館事務局長の三藤芳生さん(68)らは昨年9月、障害者でつくるNPO法人・DPI日本会議のメンバーらと館内や周辺を一緒に歩き、問題点を検証した。最寄りの地下鉄九段下駅から武道館までの坂は急で、三藤さんは「相当な腕力がないと車いすで上れ …
続きを読む

視覚障害者情報センターに名称変更 県点字図書館
新潟日報
点字図書館の名称を巡っては、視覚障害者団体が実態に合わせて変更するよう県に要望していた。県視覚障害者福祉協会は「点字を読めない視覚障害者も多い。『点字図書館』では点字図書しかないと思われて利用が広がらない」と要望した理由を説明する。これを踏まえ、県 …
視・聴覚障害で一体 点字図書館など 情報提供へ県開設 /和歌山毎日新聞
続きを読む

職種制限見直し 障害者の生きがい今後も 家族ら仕事継続期待
毎日新聞
川崎市在住の障害者団体代表、明石洋子さん(71)は、自閉症で知的障害のある市職員の長男(44)が後見制度を利用することを検討したが、できずにいる。長男は24年間、高齢者施設や動物園に勤め、家事援助を受けながら1人暮らしをしているが、地方公務員法の規定で …
続きを読む

群馬・富岡市で養蚕業に参入 サンクステンプ、障害者雇用
日本経済新聞
人材サービスのパーソルグループで障害者雇用を手がける特例子会社のサンクステンプ(東京・中野)は6月、群馬県富岡市で養蚕業に参入する。3月末で閉園した富岡市立幼稚園の跡地を借り、地元から障害者を雇用して蚕を飼育し、繭を生産する。地域おこし協力隊で蚕の …
続きを読む

時代の正体〈460〉重度障害者の意思疎通 「特別視」せず声聞いて ALS当事者 岡部 宏生さん
カナロコ(神奈川新聞)
国会の場はまさに国民の貴重な時間と費用の極みだと認識しています。その中には私たち障害者も存在しています。国会の、それも福祉に関する最も理解をしてくださるはずの厚生労働委員会において、障害があることで排除されたことは、深刻なこの国のありさまを示しているの …
続きを読む

やまゆり園、引っ越し 入所者110人仮園舎へ 20年度まで
毎日新聞
神奈川県が仮の園舎にしたのは、閉園した横浜市港南区の障害児施設「ひばりが丘学園」。職員約100人のうち約8割をやまゆり園の職員が務める。 この日は、県内の別施設に移転した41人と園に残っていた20人の計61人が引っ越した。見届けた入倉かおる園長は「多くの方 …
津久井やまゆり園 入所者が横浜市へ引っ越し開始NHK
「やまゆり園」建て替えで入所者の引っ越し始まるテレビ朝日
やまゆり園取り壊し準備 入所者が横浜へ転居東京新聞
続きを読む

笠岡で障害者が仕事帰りに交流
山陽新聞 (会員登録)
就労支援事業所などで働く障害のある人が、仕事を終えた後に集う交流・くつろぎの場「ばぁー」が笠岡市中央町にオープンした。「自分らしい時間を過ごす新たな居場所」として市が独自に事業化。レクリエーションや … この記事は会員限定です。 電子版にご利用登録後、ログイン …
続きを読む

【障害者の就労移行支援事業所アーネストキャリア】多摩市にて …
PR TIMES (プレスリリース)
障害者の就労移行支援事業所を運営する株式会社アーネスト(本社:東京都新宿区、代表取締役:水野 祐美子)は、フリーランスママによる在宅型マーケティング・ …
続きを読む

世界初!視覚障害者のためのタブレット端末「BLITAB」が予約販売中 …
Techable
視覚障害者のためのタブレット端末「BLITAB」 世界で2億8,500万人と推計される視覚障害者にとって、使い勝手のよいデジタル端末はまだ限られているのが現状。
続きを読む

県障害者スポーツ協会会長・藤井公博さん(76) /岩手
毎日新聞
障害者の自立を支援する制度や法令が整備されつつあるが、それにおんぶに抱っこでなく、さらに前に進めていくのが自分の責務」。今年1月に発足し、2月末に一般社団法人化した「県障害者スポーツ協会」の会長に就任した。障害のある人たちのスポーツ振興という使命を …
続きを読む

AAR Japanがヤンゴンで運営する「障害者向け職業訓練校」、二十歳の孝行息子の夢は「親に仕送りすること」!
ganas(運営団体:特定非営利活動法人開発メディア) (プレスリリース)
日本のNGO難民を助ける会(AAR Japan)は、ミャンマー最大都市のヤンゴンで「障害者向け職業訓練校」を運営している。2000年に開校して以来、1500人以上の生徒を社会に送り出してきた。PCコースを現在受講する生徒のひとり、ゾーモーナインさん(20歳)は「お金を …
続きを読む

<社説>障害者地域協ゼロ 共生社会目指し早期設置を
琉球新報
2016年4月に施行された障害者差別解消法に基づく「障害者差別解消支援地域協議会」の設置が、県内全ての市町村で実現していないことが琉球新報の調べで分かった。 地域協議会新設が厳しいなら自立支援協議会など既存の組織を有効活用する方法もある。市町村に …
障害者差別解消法:施行1年 県内の地域協、設置進まず 伊賀、名張など …毎日新聞
続きを読む

公明の尽力「大変心強い」
公明新聞
震災で障がいを負った「震災障害者」の実態把握とともに、医療ケアなどのきめ細かな支援を行き届かせるため、厚生労働省は3月31日、都道府県や政令指定都市などに、身体障害者手帳を申請する際に必要な診断書の見直しについて通知した。公明党が厚労省に実施する …
続きを読む

障害者に無料相談会 13日、法テラス佐賀
佐賀新聞
法テラス佐賀は昨年4月に施行された障害者差別解消法の理解を広げようと取り組みを続けている。今年2月に開いた意見交換会で、知的障害者の男性から「母親が亡くなり、独りぼっちになったら不安」といった声があった。支援者からは「行政からの文書は字が小さく、ルビも …
続きを読む

障害者がPC使いこなすには
タウンニュース
これらの機器が実際どのように使われているか実例を紹介しながら、障害を持つ人が使いこなせるようサポートするパソコンボランティア活動の概要を説明する入門講座「障害者にもやさしいタブレット端末」が4月15日(土)午後1時30分から4時、多摩市総合福祉センターで開催 …
続きを読む

支援 東京の人材会社、富岡で養蚕計画 /群馬
毎日新聞
障害者の雇用支援を手がける東京都の人材サービス会社が富岡市で養蚕業への参入を計画している。3月いっぱいで閉園した「市立妙義幼稚園」を養蚕事業所として活用する。2020年3月までに30人の障害者雇用を目標とする。当初は5人を採用予定で、4月から地域で採用 …
続きを読む

シスメックス、障害者雇用で子会社 神戸に設立
神戸新聞
医療用検査機器大手のシスメックス(神戸市中央区)は、障害者雇用の受け皿となる子会社「シスメックスハーモニー」を、同市西区の研究開発拠点に設立した。3日付。 シスメックスは2016年6月時点で、59人の障害者をグループで雇用している。新会社が障害者を受け入れる …
続きを読む

障害者 本音のカルタ
読売新聞
障害者が考えていることを知ってもらおうと、峡東地域の障害者のグループ「障がい当事者団体みのあか峡東支部」が、本音を伝えるカルタを作った。「『普通できるでしょ』で片づけないでほしい」など、気になっていても口にできない本音を障害者約40人が出し合い、2年半をかけ …
続きを読む

知的障害者昇進の人材活用戦略 やる気・能力アップ効果 企業にもメリット
産経ニュース
企業の障害者雇用が増える中、知的なハンディがあっても、経験を積み職場で昇進するなど中心的な役割を担う人が出てきた。責任ある仕事を任されることで、やる気や能力向上にもつながっている。福祉的な意味合いだけでなく、さまざまな人材の活用で総合力を上げる企業の …
続きを読む

障害者就職支援、児童発達支援等を行うウェルビー 新規事業「自立訓練 …
PR TIMES (プレスリリース)
障害者の就職支援、発達の遅れが気になる子どもの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大田誠)は、障害福祉分野 …
自立生活センター由布開所式(2017/04/07(金)) – OBS大分放送ニュース大分放送
続きを読む

視覚障害者の事故防げ 西武鉄道が職員講習 /埼玉
毎日新聞
駅員らがアイマスクを付け、別の職員が誘導する訓練も実施。講師らは、改札通過や電車の乗降時に、ICカードのタッチパネルや電車ドアに視覚障害者の手を誘導する配慮が必要とも説明した。 参加者らは「曲がる時の角度の教え方や、どれくらいの速度で歩けばいいのかが …
続きを読む

東京新聞:細やかな配慮でパニック防止 障害者の散髪や歯の治療:暮らし …
東京新聞
自閉症など障害のある人に配慮した美容室や歯科医院が増えている。初めて訪れる場所では戸惑い、パニックになりがちな人もいるが、リラックスできるように好きなDVDを …
成田 文忠さん | 逗子・葉山 | タウンニュースタウンニュース
続きを読む

視聴覚障害者に情報を 県施設がオープン
わかやま新報オンラインニュース
視覚や聴覚に障害のある人への情報支援の拠点となる「県視聴覚障害者情報提供施設」が、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛内にオープンした。目の不自由な人のための点字図書館と、耳の不自由な人のための聴覚障害者情報センターの機能を併せ持った県の施設。情報の …
続きを読む

障害者自立支援話し合う 上田で16日 /長野
毎日新聞
CILは自立生活センターの略で、CIL上田は障害者の自立支援などを目的に昨年5月に設立された。リンクカフェでは、障害者や障害者支援に関心のある人が、取り組んでいる活動や生活で困っていることなどを話し合って共有することを狙う。 午後1時から、上田市ふれあい福祉 …
続きを読む

障害者就労支援A型事業所・サスケ工房今治開所
愛媛新聞
障害者と雇用契約を結んで就労支援を行う就労継続支援A型事業所「サスケ設計工房今治」の開所式が6日、愛媛県今治市石井町2丁目の同工房であった。利用者は清掃や食品加工などが多いA型には珍しく、コンピューター利用設計システム(CAD)を活用した建築図面作製 …
続きを読む

岡山に「カレッジ旭川荘」開校 18歳以上の障害者向け学びの場: 山陽 …
山陽新聞 (会員登録)
知的・発達障害のある18歳以上の人を対象にした「カレッジ旭川荘」が7日、旭川荘厚生専門学院吉井川キャンパス(岡山市東区西大寺浜)に開校した。社会福祉法人 …
続きを読む

視・聴覚障害で一体 点字図書館など 情報提供へ県開設 /和歌山
毎日新聞
県点字図書館と県聴覚障害者情報センターが一体となった「県視聴覚障害者情報提供施設」が和歌山ビッグ愛(和歌山市手平2)にオープンし、4日、開所式があった。図書館と情報センターは先月末まで県身体障害者連盟が市内の別の場所で運営していたが、県立施設として …
視覚障害者情報センターに名称変更 県点字図書館新潟日報
続きを読む

職場での障害者のサポート人材を育成『職場内障害者サポーター事業』都内企業の募集開始
時事通信
株式会社パソナグループの特例子会社 株式会社パソナハートフル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 深澤旬子)は、公益財団法人東京しごと財団からの受託により、障害者の定着化・戦力化を目指す都内企業を対象に、職場内で障害のある社員のフォローや支援を行う …
続きを読む

障害者が企業IT化を加速!高度な仕事がどんどんできるようになる仕組みとは?―― ビジネス・ライフデザイン(大阪府)
エキサイトニュース
一般的に、障害者に割り振られるクリエイティブ系の仕事と言えば、名刺印刷や文字入力などの軽作業がほとんどだ。抽象的な概念を用いるデザイナー、コピーライター、イラストレーター、グラフィックデザイナーといった仕事は、高度な専門教育を受けた者にすら、簡単な仕事 …
続きを読む

障害者就職支援、児童発達支援等を行うウェルビー 新規事業「自立訓練 …
時事通信
[ウェルビー]第1弾として福岡県に「ウェルビーチャレンジ小倉センター」を開所 障害者の就職支援、発達の遅れが気になる子どもの支援などを全国で展開するウェルビー …
自立生活センター由布開所式(2017/04/07(金)) – OBS大分放送ニュース大分放送
続きを読む

「障害者向け対策ができていない」として削除された2万もの無料講義映像をLBRYが再び無料で一般公開予定
GIGAZINE
カリフォルニア大学バークレー校(UCB)が無料で公開していた2万以上の講義映像が「障害者向け対策ができていない」ということを理由に全削除を余儀なくされたのですが、コンテンツ共有プラットフォームの「LBRY」がコンテンツを復活させ、自社プラットフォームで無料公開しよう …
続きを読む

24時間相談窓口、短時間預かり…重度障害者の介護支援 大阪市が …
産経ニュース
障害を持つ家族間の介護をめぐっては、周囲から十分な支援を受けないまま心身を消耗し、将来などを悲観して思い詰めた末に殺人や無理心中などの事件に発展する …
続きを読む

障害者がロックバンド結成 さいたまでライブ「叫びを聞きに来て」
埼玉新聞
さいたま市の障害者団体「虹の会」が結成したロックバンド「スーパー猛毒ちんどん」は9日、同市中央区下落合のライブハウス・ホレホレで、単独ロックショーを行う。昨年、相模原市で起きた障害者施設入所者殺傷事件を受け、メンバーたちの思いや社会への叫びを込めて作り上げ …
続きを読む

障害者ら100人、119番のこつ学ぶ 明石
神戸新聞
迅速かつ正確に119番する方法を考える講習会が7日、明石市立総合福祉センター(兵庫県明石市貴崎1)であった。障害者ら約100人が、落ち着いて誘導通りに答える大切さなどを学んだ。 市社会福祉協議会が依頼し、「地域活動支援センター事業」の開講式後に講習会を実施 …
続きを読む

全日本知的障害者サッカー連覇 県選抜選手、知事に喜び報告
東京新聞
第十四回全日本知的障害者サッカー選手権大会チャンピオンシップで二年連続優勝した県選抜チームの選手らが六日、県庁で黒岩祐治知事と面会し、喜びを語った。 大会は三月十八、十九日に岐阜県各務原市で開催。全国六ブロックのリーグ戦を勝ち抜いた六チームで争った …
続きを読む

横浜の生活施設視察 県、障害者地域受け入れで /神奈川
毎日新聞
県障害者施策審議会に設置された「津久井やまゆり園再生構想策定に関する部会」は7日、知的障害者の地域での受け入れ状況を確認するため、横浜知的障害関連施設協議会に所属する知的障害者らの生活施設を視察した。同協議会は2月、同協議会のグループホームなど …
続きを読む

「地域で生活」寄り添う 精神障害者のグループホーム
京都新聞
京都府亀岡市篠町にある精神障害者施設「グループホーム亀岡 緑のおうち」が今月で開所から1年を迎えた。スタッフが入所者一人一人の生活をきめ細かくサポートし、地域で障害者が暮らす仕組みを模索してきた。「精神障害のある人が地元で暮らせるようにしたい」と地域密着 …
続きを読む

発達障害支援の「虎の巻」 どの職場でも“あるある”と反響
NHK
他人とのコミュニケーションを苦手とする発達障害。気付かぬまま大人になり、職場で対人関係などに悩みを抱える人たちもいる中で、上司や同僚に障害の特性を理解してもらうための冊子がツイッター上で紹介され、大きな反響を呼んでいます。発達障害への理解の助けになる …
続きを読む

障害者支援拠点が開所 富士吉田市役所に /山梨
毎日新聞
障害者らのさまざまな悩みに対応する「ワンストップサービス」を実現し、希望があれば障害者の自宅に出向いて相談を受ける。支援のための情報提供も行う。 開所式には6市町村長や担当職員らが出席し、相談員の小松繁さん(49)が「障害者や家族に寄り添い、困っている話を …
続きを読む

/45 障害者の就労移行支援を比較 研究成果を社会変化に /石川
毎日新聞
2016年度のエミー賞(構成のないリアリティー部門)を、ダウン症の若者のリアリティー番組「Born This Way」が受賞した。番組の舞台は、アメリカ・カリフォルニア州南部。7人のダウン症の若者や友人たち、家族が登場し、友情や恋愛、仕事など彼らがさまざまな問題を乗り越え …
続きを読む

【障害者の就労移行支援事業所アーネストキャリア】多摩市にてソフトバンクグループ会社とWeb制作教育プログラムの提供開始
THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (登録) (ブログ)
障害者の就労移行支援事業所を運営する株式会社アーネスト(本社:東京都新宿区、代表取締役:水野 祐美子)は、フリーランスママによる在宅型マーケティング・クリエイティブチーム「マムズラボ」を運営するSBヒューマンキャピタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 …
続きを読む

「地域で生活」寄り添う 精神障害者のグループホーム
京都新聞
京都府亀岡市篠町にある精神障害者施設「グループホーム亀岡 緑のおうち」が今月で開所から1年を迎えた。スタッフが入所者一人一人の生活をきめ細かくサポートし、地域で障害者が暮らす仕組みを模索してきた。「精神障害のある人が地元で暮らせるようにしたい」と地域密着 …
続きを読む