TAG 取り組む業務

レポート

職場見学シリーズ:第2回「特例子会社・株式会社JR西日本あいウィル」

現在、400社を超える数の特例子会社が存在しています。 特例子会社とは企業が障害者の雇用を促進する目的で設立される子会社で法定雇用率が親会社に反映させることができるというもので、設備や受入れの体制が障害者の雇用を中心に考…

コラム

経営者必見!障害者雇用の『悪循環』と『好循環』の仕組み

毎年厚生労働省から発表される「障害者雇用状況の集計結果」を見ていて色々と考えることがあるのですが、今回はその中から障害者雇用に見る『循環』についてお話をしてみたいと思います。 「障害者雇用状況の集計結果」に見られる「障害…

コラム

第5回「知らないと損をする!職場定着を実現する障害者雇用【職場勤務編②】」

前回、障害者の雇用定着が職場に浸透されるためには元々いる従業員への気遣いが重要になるという点に少し触れました。 従業員が障害者に対する理解や協力的な姿勢を持ってもらえることで、障害の度合いが軽度にもなり得ます。 今回は「…

コラム

第4回「知らないと損をする!職場定着を実現する障害者雇用【職場勤務編①】」

「多様化」「労働者問題」など、企業に求められる課題の解決策として障害者雇用への取組みは大きな役割のひとつだと考えています。 ただ、障害者雇用への取組みを重要視するあまり、従業員への気遣いを忘れてしまっては望む成果を生み出…

コラム

第2回「知らないと損をする!職場定着を実現する障害者雇用【採用活動編①】」

前回のコラムでは職場定着を実現する障害者雇用【準備編】をお話ししました。 企業が利益を上げるために戦略を立て、実行するのと同様に、障害者雇用もしっかりと準備することで結果に繋がります。 今回は【採用活動編】ということで実…

レポート

職場見学シリーズ:第1回「東京海上日動システムズ株式会社」

私は仕事柄、たくさんの企業とお会いします。お会いする企業の共通点は「障害者の雇用」についてです。 その多くが、現在障害者雇用が上手くいっていない企業になります。 「募集しても集まらない」「採用してもすぐに辞めてしまう」「…

コラム

第3回「今知っておきたい!障害者雇用に本気になる5個の理由」

前回の第2回「今知っておきたい!障害者雇用に本気になる5個の理由」では障害者雇用に関する法律や実現に掛ける時間についてお話をしました。 今までに企業から「パッケージ化された雇用モデルが欲しい」「1年以内に障害者を5名採用…

障害者雇用企業向けセミナー

2016年6月29日/第3回障害者雇用創出分科会(イルネス障害者雇用総合研究所)

セミナー内容 次回も2社の企業からご講演を頂戴する形となります。 1社目は大阪で就労支援事業所を多数運営されております「社会福祉法人 加島友愛会」市村様となります。 色々な形態の福祉事業所を運営されている中、数年前に始め…

障害者雇用企業向けセミナー

2016年2月23日/第1回障害者雇用創出分科会(イルネス障害者雇用総合研究所)

セミナー内容 今回のゲスト講師は『株式会社ミライロ』東京支社の洞田 兼治郎様をお迎えしてご講演いただきます。 『株式会社ミライロ』の代表取締役社長 垣内俊哉様は、昨年10月に講演いただきました『株式会社仙拓』の代表取締役…

障害者雇用企業向けセミナー

2015年12月11日/第5回人材ビジネス経営研究会障害者雇用創出分科会(船井総合研究所)

セミナー内容 一般企業には障害者雇用を促進する目的で設立することのできる特例子会社というものがあります。実は協同組合にもよく似た特例認定制度があります。「事業協同組合等算定特例」をいち早く導入されたシティビルメン協同組合…

障害者雇用企業向けセミナー

2015年10月23日/第4回人材ビジネス経営研究会障害者雇用創出分科会(船井総合研究所)

セミナー内容 自身が重度の障害なためほぼ寝たきりの生活から「働く場所がないのであれば、自分たちで会社を作ろう」と同じく重度の障害を持つ幼馴染と株式会社仙拓を起業。 体で動かせる部分は親指を数cmのみ。しかし、地元愛知県は…

障害者雇用企業向けセミナー

2015年7月30日/第3回人材ビジネス経営研究会障害者雇用創出分科会(船井総合研究所)

セミナー内容 古本のリサイクルで障害者の事業開拓。寄付で集めた古本や古書を福祉作業所の障害者がリサイクルし、ネット販売をすることで工賃アップを実現。現在は全国の福祉作業所とネットワークで展開。株式会社松阪ティーエムコンサ…