2019年10月8日/テレワークを活用した難病のある人の就労支援ワークショップ

テレワークを活用した難病のある人の就労支援ワークショップ

セミナー内容

働きたいけれど・・・
◎通勤の往復がたいへんすぎる。
◎バリアフリーの職場がない。
◎働けるように配慮してくれる職場がない。

⇒そんな人が働ける「在宅テレワーク」が始まっています!
2019年上半期だけで道南で16名の就職が決まりました。
難病のある人が「在宅テレワーク」をするために、地域関係者のどのような連携が必要なのでしょうか。
話し合うワークショップが行われます。

テレワークを活用した難病のある人の就労支援ワークショップ

セミナー詳細

タイトル テレワークを活用した難病のある人の就労支援ワークショップ
開催日 令和元年10月8日
時間 13:30~16:30
場所 函館市総合保健センター ※2F健康教育室
函館市五稜郭町23-1
定員 50名(お申込み先着順)
対象 難病がある方・ご家族・医療関係者・福祉事業所などの支援者
共催 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 障害者職業総合センター
道南しょうがい者就業・生活支援センター すてっぷ
内容 ①障害者職業総合センター 春名由一郎氏の講演
②株式会社テレワークマネジメント 倉持理恵氏の講演
③参加者それぞれの立場から支援連携についての話し合うワークショップ
お申込み メール先着順。以下の事項をお書きください。
(1)お名前・年齢 (2)「難病当事者」「家族」「医療関係者」など、申込者のお立場。
(①車イスご使用の方はその旨お書きください。②テレビ取材が入りますので「撮影NG」の場合はその旨お書きください。撮影されない席位置にご案内いたします。)(3)連絡先電話番号
宛先:telework.hakodate@gmail.com
お問合せ Ponte(共催協力の就労移行支援事業所です)
TEL:0138-30-3366
※道南での障害者テレワークについては以下をご参照ください。
①「ポンテ函館」のホームページ 「在宅テレワーク」のページ
http://ponte-hakodate.com/telework
②就労移行支援事業所Ponteのフェイスブック
https://www.facebook.com/ponte.hakodate/

ABOUTこの記事をかいた人

ミルマガジン編集部

ミルマガジン編集部では、義務や助成金を超えたメリットに目を向けるというスローガンの元、障害者雇用に取り組む企業・支援する施設・職場で活躍する障害者の方の生の声を届ける為、インタビューや見学会レポートなどを各種取材を行っています。取材等のご依頼は歓迎ですので、当サイトお問い合わせからご連絡お願いします。他にも、助成金講座や雇用義務企業人事担当者向けセミナーや現状の障害者雇用を知るセミナーなど役立つ催しを不定期開催しています。