取材レポート:NTTドコモ「ハーティサービス」

日本では「障害者基本法」という法律によって障害を持つ人たちの人権や社会生活に関する様々なことが定義されています。

「障害者基本法」

第一条
この法律は、全ての国民が、障害の有無にかかわらず、等しく基本的人権を享有するかけがえのない個人として尊重されるものであるとの理念にのつとり、全ての国民が、障害の有無によつて分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現するため、障害者の自立及び社会参加の支援等のための施策に関し、基本原則を定め、及び国、地方公共団体等の責務を明らかにするとともに、障害者の自立及び社会参加の支援等のための施策の基本となる事項を定めること等により、障害者の自立及び社会参加の支援等のための施策を総合的かつ計画的に推進することを目的とする。

上記「総則」では、人が障害の有無が原因で自立や社会参加を邪魔されないよう、国や各地域では施策に基づいてより良い生活を送るための支援を提供します。というようなことが記載されており、障害を持っていても不自由なく暮らせる世の中を構築するということを法律で定めています。

障害を持つ方たちが抱える日常の「不便」というものを考えた時、個人差も重なり周囲からするとその「不便」さを理解するというのはとても難しく感じてしまいます。しかし、その「不便」を解消するツールやサービスというのは、障害者にとっては豊かな生活を送るための大事な存在となります。

私たちが普段何気なく活用しているスマートフォン。携帯電話が普及した当時から比べると大きく進歩したお陰で、「コレがない生活なんて考えられない」くらい必需品としての地位を獲得したツールのひとつではないでしょうか。(携帯電話のない時代の待ち合わせって、今考えてみると凄かったなぁと感じます)スマートフォンは障害を持つ方たちにとっても日常生活を便利にしてくれるツールです。しかし、障害の特性によっては使用方法に制限が出てしまい、最大限の効果が得られなくなってしまいます。

そのような状況を少しでも解消するため、携帯電話会社であるNTTドコモさんでは、「すべてのひとにとって使いやすい製品やサービスを追求」することを活動目的とする『ハーティスタイル』の取り組みを進めています。この『ハーティスタイル』とは、ユニバーサルデザインの考え方に基づき、「製品・サービス開発」「お客様窓口」「使い方の普及」の3つの視点から、すべてのひとに今まで以上にスマートフォン・携帯電話を使って快適な生活を送ってもらおうという活動です。

こちらの活動の中で、障害の特性が原因でスマートフォンの操作に制限がある方を対象にしたアプリやサービスを提供されています。

今回は、NTTドコモさんのご協力のもと、障害を持つ方たちにもより一層スマートフォンを便利に活用いただくためのサービスをご紹介いたします。

便利なスマホの文字入力アプリ『Move&Flick』

対象:視覚障害者

視力に問題を抱えている方にとってスマートフォンでの文字入力には不便な時があります。例えば、ガラケーでの文字入力の場合、真ん中の「5」のキーには指で触れた時に分かるようにポッチが付いていましたが、スマートフォンでは凹凸のないガラス面しかありません。そのため、入力したい文字の位置を把握することが困難となってしまいます。

しかし、この「Move&Flick」があれば、文字の配列を気にせず入力をすることができます。画面をタップした位置を中心に文字入力サークルが表示され、画面に触れたままの状態から指を動かすと文字の入力が完了します。その際、音声での読み上げてくれますので、どの文字が入力されようとしているのかもわかるようになっています。

「聞き取れない」不安をなくして、あんしん通話『みえる電話』

対象:聴覚障害者

当然ですが、電話での通話はお互いの言葉の伝達によって成立します。仮にひとりが聴覚障害者で、その相手が健常者だった場合、この『みえる電話』を使うことで両者がコミュニケーションを取ることができます。このアプリでは、通話相手となる健常者の音声をリアルタイムで文字に変換しスマートフォンの画面を通して聴覚障害者へ伝えることができます。また、通話相手には聴覚障害者が文字入力した言葉を音声に変換して伝えてくれます。

実際に操作していただきましたが、言葉が文字に変換される動作がとてもスムーズで、誤変換もほとんどなく想像していた以上に聴覚障害を持つ方とのコミュニケーションに対応したサービスです。

このサービスは、「お店の予約や変更」「宅配便の受け取り」「カスタマーセンターへの問合せ」などの利用シーンを想定して開発されていますので、聴覚障害者がこれまで不便に感じていた場面でも安心してご利用いただけます。

※『みえる電話』は2018年10月現在トライアルサービスのため、機能に一部制限がございます。詳しくはホームページをご確認ください。

 

すっきり画面で正しく操作『シンプルフリック』


対象:上肢障害者

上肢や指に障害がある方にとってはスマートフォンの画面操作に不便を感じることがあります。そんなときにこの『シンプルフリック』を使うことで簡単に電話やメールを操作することができます。

基本的な操作方法は3つのモード(「2フリックモード」「フリック&ダブルタップモード」「音声操作」)から選んでいただくのですが、どれも簡単な操作方法になりますので障害を持っていない方々にとっても大変便利なアプリになっています。

障害者の立場を理解できるからこそ生まれたサービス

今回の取材ではこれらの製品・サービスの企画に携わってこられましたNTTドコモ スマートライフ推進部 コミュニケーションサービス担当の青木さんからお話を聞かせていただきました。

実は青木さんご自身も生まれつき聴覚に障害を持っており、日常生活においての不便さを強く感じているおひとりでした。例えば、学生時代にアルバイトの応募にも自分では電話することができないので母親が代わりに電話をしたり、入社後も自分あてに掛かってくる電話に出ることができずもどかしいと感じる経験がありました。そのような中、入社3年目に言葉を文字に変換する技術があることを知り興味を持った青木さんはサービス提供の部署への異動希望を出し、これら製品・サービスに関わってこられました。

青木さんがサービスの企画で気を付けている点は、同じ障害を持つ方でもそれぞれの特徴が違うため多くの意見を参考にしているということでした。その一方で「多くの意見を反映させていく難しさ」「障害者の立場になって製品化する難しさ」といった苦労もあるのですが、強いやりがいを持って仕事に励んでいらっしゃいます。

最後に青木さんから「今回ご紹介したサービスは、障害者はもちろんのこと障害を持っていない皆さんにも広く知っていただき、活用してもらいたいと思っています。」というメッセージをいただきました。確かに、それぞれのサービスは特定の障害者の不便を解消するために企画・開発されたものですが、利用シーンや使用する方の特徴によっては、想定している障害者でなくても不便を解消できるのではないかと感じます。

これからも、新たな製品やサービスを開発し、提供することで多くのみなさんの生活を便利なものにしていただけるということです。
障害者を応援する私にとって楽しくさせてくれる取材でした。
NTTドコモのみなさん、ご協力ありがとうございました。

株式会社NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/

ABOUTこの記事をかいた人

上前 忠司 (日本障害者雇用総合研究所代表)

[障害者雇用コンサルタント] 雇用義務のある企業向けに障害者雇用サポートを提供し、障害者の雇用定着に必要な環境整備・人事向け採用コーディネート・助成金相談、また障害者人材を活かした事業に関するアドバイスを実施。障害者雇用メリットの最大化を提案。その他、船井総研とコラボした勉強会・見学会の開催や助成金講座の講師やコラム執筆など、障害者雇用の普及に精力的に取り組んでいる。 ▼アドバイス実施先(一部抜粋) ・opzt株式会社 ・川崎重工業株式会社 ・株式会社神戸製鋼所 ・沢井製薬株式会社 ・株式会社セイデン ・日本開発株式会社 ・日本電産株式会社 ・株式会社ティーエルエス ・パナソニック株式会社 ・大阪富士工業株式会社 ・株式会社船井総合研究所 ・株式会社リビングプラットフォーム