第2回「採用担当者必見!障害者雇用の失敗企業・成功企業3つの共通点」

第1回「採用担当者必見!障害者雇用の失敗企業・成功企業3つの共通点」

2017.01.03

毎年、厚生労働省から「障害者雇用状況の集計結果」が発表されると前回のコラムでお話ししました。

この資料では、今年は障害者が何名働いているといったものを発表するだけではなく、企業規模ごとの法定雇用率の達成度合いであったり、産業別・都道府県別の雇用状況など、様々な視点から障害者の雇用数を集計しています。

この中で「障害者法定雇用率の達成状況」というものがあります。

現在の法定雇用率である2.0%をどれだけの企業が達成しているかを表したものになります。ここ数年は50.0%に少し足りずといった状況ですが、個人的にはまあまあな数字だと感じています。雇用義務のある企業の半数は法定雇用率を達成しているのですから。

障害者雇用に関する企業の声を聞いていますと、「障害者の採用で募集しても人が来ない」「雇用しても長続きしない」といったネガティブなものが多いです。上手くいかないと不満に近い声をあげたくなるのも分かります。

では、法定雇用率を達成している企業の特徴っていったい何なのでしょうか。上手くいっていない企業にとってはとても知りたい情報だと思います。

障害者雇用に成功している企業の特徴

前回は障害者雇用に失敗する企業の特徴についてお話ししましたが、今回は障害者雇用に成功する企業の特徴をお話しします。

1.採用活動前の準備

障害者雇用を成功させている企業は、採用前の準備にしっかりと時間を掛けています。自社が障害者雇用を進めるにあたり不足している点をしり、それを補うための行動を実施しています。

例えば、「障害者雇用を上手く実践している企業や就労訓練をしている福祉事業所の見学」「採用条件の見直し」「従業員向けの研修」「実習の受入れ」など。

障害者雇用に必要となってくる知識と経験を蓄積していく初級段階にあたる部分となります。

但し、今まで経験してこなかったことになりますのでこれらを独自で実施することは非常にハードルが高くなりますから、まずはアドバイスやお手伝いをしてもらえる行政機関や民間企業へご相談されるところから始めることをお勧めします。

2.取りこぼしのない採用活動

次に採用活動の点での特徴があげられます。上手くいっている企業は採用したい障害特性をあげるのではなく、採用できる障害特性を基準として決めます。

具体的言いますと、「軽度や若い女性の身体障害者を採りたい」と決めるのではなく、「完全バリアフリーではないので車イスの方はNG」「業務に荷物運びがあるので上肢の障害者はダメ」など、採用ができない具体的な理由をあげた上で、それ以外の障害特性の人材は採用基準に該当するということです。

そうすることで、障害にばかり目が行き過ぎたために本来してもらいたかった業務が全然できない人材だったというあるあるな失敗を回避することができます。

また、面接後の採用判断の時も希望する業務が“出来る”のか“出来ない”といった判断がすぐに出せるため、迷っている間に他社の求人を選んでしまったということも防ぐことができます。

3.今いる従業員へのフォロー

障害者雇用で上手く成果を出すためには今いる従業員への対処が非常に重要です。

自社にマッチした障害者を採用することも大事ですが、その方が職場に定着するためには従業員の理解や協力が不可欠です。そもそも、従来から仕事に励んでもらっている従業員を大切にできない企業は障害者雇用も上手くいかないように感じます。

まず、障害者雇用に取組む上で従業員への理解を進めるために簡単な研修や勉強会を実施します。それから、実際の採用が決まった段階で、配属先となる部署の従業員に対して一緒に働くために必要となる情報伝達を含めた勉強会を開きます。特に部署への勉強会は採用される障害者はもちろん、同僚となる従業員の方々を守るためのモノでもあります。

障害の特性や特徴を事前に知っておくことでストレスの軽減に繋がります。障害者と一緒に働くことで起こりうる弊害のひとつに同僚のメンタル不全があります。採用した障害者にばかり気が向いた結果、周囲の従業員に被害が発生してしまうことが実際起きています。

あと、障害者人材への面談実施も良く聞くフォロー活動の一つですが、周囲の従業員への定期面談も大切です。

障害者の雇用定着を取組むにあたり、周囲がどれだけの負担が掛かっているのか、管理側だけでは分からない事実もあったりします。是非、周囲の従業員へのフォローもお願いします。

 

いかがでしたでしょうか。2回に渡ってご紹介しました障害者雇用に失敗する企業と成功する企業それぞれに見られる特徴。現在、世の中では労働者不足といわれる時代にも関わらず、働く能力のある障害者人材がたくさんいます。この人材を活用するための努力をすることで労働者不足を解消できるという考え方もできます。

もう一つ、障害者雇用に成功する企業に見られる特徴がありました。それは、「あきらめない事」です。

ABOUTこの記事をかいた人

上前 忠司 (イルネス障害者雇用総合研究所代表)

[障害者雇用コンサルタント] 企業向けに障害者雇用サポートを提供し、障害者の雇用定着に必要な環境整備・採用コーディネート、また障害者人材を活用した事業に関するアドバイスを実施。その他、船井総研とコラボした勉強会・見学会の開催やコラム執筆など、障害者雇用の普及に精力的に取り組んでいる。講演のご依頼や雇用に関する相談は、当サイトお問い合わせからお願いします。