雇用企業インタビュー:株式会社ケイキャリアパートナーズ

今回、企業インタビューにご協力いただきましたのは、川崎重工グループの人材会社である株式会社ケイキャリアパートナーズ様です。

こちらでは、人材派遣や人材紹介事業をメインに30年近くの歴史がある中、そのノウハウを活かし川崎重工業株式会社を中心に各グループ会社も含めた障害者雇用の総合窓口として活躍。自社においても障害者の雇用に力を入れておられます。インタビューにお答えいただいたのは障害者部門の責任者でいらっしゃるキャリアネット部 副部長の中田様よりお話しを聞かせていただきました。

Q1.読者向けに会社の紹介をお願いします。

川崎重工業100%出資の川崎重工業グループ企業です。主に川崎重工業グループからの人財ニーズや研修業務にお応えすべく、営業活動をさせて頂いております。

Q2.障害者雇用に取り組んだ経緯やキッカケを教えてください。

きっかけとしては、やはり雇用率が著しく低かった2013年度の反省を受けてとなります。相当数ショートしていた状況であり、2年余りかけて法定雇用数に到達しております。

Q3.準備段階や開始当初の失敗談や苦労はありましたか?また、その克服方法は何でしたか?

2013年~2016年の間に、8名の手帳を持たれた方々を自社で採用させて頂きました。その中で、半数の方々が職場の人間関係や業務内容に悩み、結果として部署異動を持って 対処させて頂きました。
しかしながら、そのうちの2名の方々につきましては早期に結局のところ退職をされておられます。直属の上司による面談や、プロジェクトを組んでの対応など出来る限りのことをしましたが、仕事面の能力が周りのレベルに追い付けず、そのことが原因となり、コミュニケーションも悪化の一途をたどってしまった印象です。

Q4.障害者雇用に関する勉強はどの様にしていますか?また、情報収集の方法も教えてください。

公共関連で実施される関連のセミナーや、一般企業で取り組まれている事例のセミナーなどは、くまなく参加しております。また自社で外部コンサルタントの方と契約もしており、その方からの情報も非常に貴重です。

Q5.障害者雇用の為に社内で新たに始めたことはありますか?

職業生活相談員の資格を複数の社員が取得しております。
契約をさせて頂いておりますコンサルタントの方に、関連のセミナーを社内で開催して頂いて おります。

Q6.障害者雇用の為に利用したサービスはありますか?

・福祉事業所から精神障害の方をインターンシップで数週間を受け入れた実績があります。
・障害者の方を採用する際に、HWからの指導員の方に職場での受入前研修をお願いしました。

Q7.障害者雇用を始めて感じたメリットはありますか?

今までそうした能力を社内で発揮したことの無かった社員の指導力やサポート力を目の当たりにする事ができたことは、その人間の潜在能力を認識でき、会社としての大きな財産になっております。また逆にそうした対応が出来なかった社員にとっては、自身のキャリア形成においての大きな課題を認識でき、組織人としての成長に繋がっております。

Q8.今現在、障害者雇用においての目標は何ですか?

現在在籍されている弊社の障害者の方々は、いずれも優秀な人財ですので、今後も長く勤めて頂けるように対応して参りたいと思います。また、今後はダイバーシティの観点から、テレワークなどの体制が整えば、さらに多様な優秀な人財を確保できるのではないかと考えております。

Q9.障害者雇用に取り組もうか悩んでいる企業へのエールをお願いします。

障害者の方々と共に働く事は、会社として様々な対応や工夫が求められる事が多いですが、そうした事象を一つ一つクリアーにしていくことによって、会社としての対応力の底上げが可能になるかと思い、それはすなわち、社員一人一人の成長にも繋がって行くかと思います。

Q10.さいごに、就職準備中・求職活動中の障害も持った方へのエールをお願いします。

現代は、障害者の方々への様々なサポートや関連のサービスが実施されております。そうした機関へ臆せず連絡を取り、ご自身が活躍できそうな仕事・職場を模索して行くことにより、就業が現実のものとなって来るかと思います。

インタビューにご協力いただきありがとうございました。

会社情報
会社名:株式会社ケイキャリアパートナーズ
代表者名: 宮田 幸治
設立日:1989年11月10日
業種:サービス業
所在地:神戸市中央区西町35番地(三井神戸ビル6階)
ホームページ:http://www.khi.co.jp/corp/kcp
事業内容:人材派遣業

ABOUTこの記事をかいた人

上前 忠司 (イルネス障害者雇用総合研究所代表)

[障害者雇用コンサルタント]
企業向けに障害者雇用サポートを提供し、障害者の雇用定着に必要な環境整備・採用コーディネート、また障害者人材を活用した事業に関するアドバイスを実施。その他、船井総研とコラボした勉強会・見学会の開催やコラム執筆など、障害者雇用の普及に精力的に取り組んでいる。講演のご依頼や雇用に関する相談は、当サイトお問い合わせからお願いします。