支援施設インタビュー:ルミノーゾ町田

今回、インタビューにご協力いただきましたのは、「就労移行支援ルミノーゾ町田」様です。

こちらの事業所の特徴は、就職の際に必要なビジネススキルや各種資格を利用者が取得できるための支援に力を入れています。また、それぞれの障害者に寄り添いながら各自が持つ強みを生かした就職の後押しをされています。インタビューにお答えいただきましたのは施設長の竹井様です。

1.読者向けに施設の紹介をお願いします。

利用者さん一人ひとりのニーズに合わせた個別のプログラムを提供しております。生活リズムを作り、体力をつけるところから、就職に必要なスキルの取得、面接対策、そして就職後の定着支援までお一人お一人に寄り添った支援を行います。
また、施設長が資格試験予備校の講師をしていたことから資格取得に強い事業所となっております。日商簿記、秘書検定等の事務職で人気の資格から、パソコン系の検定まで幅広い資格取得をサポートします。
さらに、希望される方には温かい昼食を提供、また、交通費や資格取得を補助する制度もあります。駅からも近く通所に便利です。
町田市の方はもちろん、川崎市、横浜市、相模原市、厚木市などの方も通所されています。

2.施設で提供している支援の内容とその流れを教えてください。

一般就労に向けて、まず生活のリズムを作ることの支援を行います。具体的には無理のない通所予定の設定及び実施のフォローを行います。初めのうちは週2,3回の通所から、徐々に週4回、5回と増やしていくことで一般就労に近づいていきます。
また、それと並行して、就職活動に有利な資格取得のサポートを行います。P検というパソコンスキルを証明する資格が人気です。簿記検定や秘書検定という事務職の就職に有利な資格も人気です。さらに資格を認定する団体と提携することにより試験を受けずとも資格認定を受けることができる試験免除プログラムの対象となる資格も多々あります。
そして、就職活動についても履歴書の添削や模擬面接、(希望があれば)面接への同行も行います。就職後も定着支援を行います。ご本人のお悩みをヒアリングします。(希望があれば)企業からもヒアリングを行います。その上で、ご本人と企業とのミスマッチを解消するようなアドバイスをします。

3.支援に関して、今後力を入れていきたいことはありますか?

現在も行っていますが、利用者さんにとってベストなタイミングでベストな就職ができるよう利用者さんに寄り添ったサービスを提供してまいります。
それに加えて、我々就労移行支援事業所は就労定着支援も期待されておりますので、密に連絡をとりあうことで長期の職場定着を支援してまいります。

4.現在の障害者の就労・就職全般に感じる問題点・困っている事はありますか?

障害者雇用に理解のある企業も増えていますが、もっと多くの企業に理解をしていただければと思っております。我々も障害者雇用に関する情報発信をしていければと思います。

5.障害者の受け入れに悩んでいる企業へのエールをお願いします。

支援機関を利用されている障害者を受け入れるのであれば、上手に支援機関を使っていただければと思っております。合理的な配慮をすることで大きな戦力となれる方がたくさんいらっしゃいますので、積極的に採用していただければと思います。
また、採用後は密なコミュニケーションを取ることでお互いの不安をなくすことができれば、障害者の方もその実力を発揮できると思います。

6.就職準備中・求職活動中の障害も持った方へのエールをお願いします。

障害者雇用に関する理解も広がり、また、大きな法改正もあることから、雇用環境は良くなっていくものと思います。
あなたを必要とする企業は必ずあります。困ったときや不安なときは我々のような支援機関をうまく使っていただければと思います。

インタビューにご協力いただきありがとうございました。

施設情報
施設名:ルミノーゾ町田
代表者名:竹井弘二
設立日:2017年4月1日
業種:就労移行支援
所在地:東京都町田市中町1-2-2 森町ビル5階
ホームページ:https://www.luminoso-jp.org
事業内容:就労移行支援

ABOUTこの記事をかいた人

上前 忠司 (日本障害者雇用総合研究所代表)

[障害者雇用コンサルタント] 雇用義務のある企業向けに障害者雇用サポートを提供し、障害者の雇用定着に必要な環境整備・人事向け採用コーディネート・助成金相談、また障害者人材を活かした事業に関するアドバイスを実施。障害者雇用メリットの最大化を提案。その他、船井総研とコラボした勉強会・見学会の開催や助成金講座の講師やコラム執筆など、障害者雇用の普及に精力的に取り組んでいる。