支援施設インタビュー:AlonAlonオーキッドガーデン

全国では障がい者を対象とした就労系の福祉事業所の数が右肩上がりに増えてきています。特に就職が困難な障がい者が支援を受ける就労継続支援B型事業所は全国に約10,000件と、就労継続支援A型事業所や就労移行支援事業所と比べても2倍以上の事業所数が存在します。

一般的にB型事業所と聞いて想像するのは、内職などを行う作業所のようなところをイメージされると思います。

でも、近年では従来からのB型事業所とは趣が違い、新しい取り組みとして就労支援を形作る事業所ができて来ました。

今回、インタビューにご協力していただいたのは、千葉県富津市で「胡蝶蘭の栽培および販売」と障がい者の就労訓練とをマッチさせた『AlonAlonオーキッドガーデン』の理事長である那部様です。非常に興味深い内容となっています。

1.読者向けに施設の紹介をお願いします。

AlonAlonオーキッドガーデンは千葉県富津市にある就労継続支援B型事業所です。
現在1000を超える企業様からの花の注文をカタログやネットで頂き、東京・横浜・名古屋・大阪・福岡の物流センターから全国に出荷しております。
利用者の月額工賃10万円を実現できる仕組みを構築するとともに、花の自社栽培により障がい者雇用が実現できる貸農園の運営を行っております。
この貸農園により利用者の企業への就労がスムーズに行えます。

2.施設で提供している支援の内容とその流れを教えてください。

胡蝶蘭の苗から開花・仕立て・出荷まで一連の作業を細分化し各利用者の特性や経験に応じて作業を分担いたします。
また次第に難しい作業にチャレンジする・先輩が後輩を教えるOJTを促す等により「社会で仕事をする」ことを学ぶ環境を整えております。
そして一連の作業を習得した利用者は「花屋で花を注文するのではなく障がい者雇用をして自社で花を栽培する」企業へ就労いたします。

3.支援に関して、今後力を入れていきたいことはありますか?

ズバリ就労です。就労継続支援B型事業所から企業に就労できる確率は僅か1%と言われております。
AlonAlonは300億円以上と言われている胡蝶蘭マーケットを使って利用者をどんどん企業に就労させていきたいと思っております。胡蝶蘭の栽培技術はAlonAlonの利用者全員、私よりも遥かに「上」。
その健常者よりも「上」の技術を評価してもらえる企業を増やしていきたいと考えております。

4.現在の障がい者の就労・就職全般に感じる問題点・困っている事はありますか?

解決すべき問題が4つあると思っております。
1.就労継続支援B型事業所利用者の月額平均工賃15,000円あまり。障がい者年金を合算しても生活保護の受給額にも満たない。
2.福祉従事者のワーキングプア。自らの人生設計もできない中の重労働で、不満が障がい者へ向き暴行傷害事件が多発。
3.法定雇用率達成企業は48.8%。障がい者法定雇用率は過半数の企業が未達成。身体障がい者の雇用は大きく進んでいるが、知的障がい者・精神障がい者の雇用が進まない。
4.就労継続支援B型事業所の就労率は1%。
これらの問題の解決に一石を投じたいと考えております。

5.障がい者の受け入れに悩んでいる企業へのエールをお願いします。

皆様の会社にも営業が向いている社員、経理が向いている社員、技術が向いている社員など様々な特性をもった方々で構成されていると思います。
営業で一番を取る社員が経理部に回されたら「まったく使えない社員」になるかもしれません。
お叱りを承知で書かせて頂くと「障がい者の受け入れも同じこと」その特性に応じた役割が大切です。
なのでAlonAlonは皆様にわかりやすく「お花の栽培については一流の障がい者」を世に送り出すことを自らの役割としております。
個々の特性をしっかりと見極めれば必ず一緒に働く仲間として受け入れられる障がい者雇用ができると考えております。

6.就職準備中・求職活動中の障がいを持った方へのエールをお願いします。

世の中は大きく変わりつつあります。
企業は皆さんの就労を真剣に考えはじめ様々なアイディアが生れてきております。
それぞれの特性に応じた多くの働き方が実現してきております。
そしてAlonAlonも含めて皆さんが「働く」ことを一生懸命サポートする施設も多くなってきております。
「将来こうなりたいな」そんな気持ちになったときがチャンスです、施設を大いに活用してみてください。

インタビューにご協力いただきありがとうございました。

施設情報
施設名:AlonAlonオーキッドガーデン
代表者名:那部智史
設立日:2013年1月28日
業種:就労継続支援B型事業所
所在地:千葉県富津市西大和田1234-2
ホームページ:https://www.alon-alon.org
事業内容:胡蝶蘭の栽培及び販売

ABOUTこの記事をかいた人

上前 忠司 (日本障害者雇用総合研究所代表)

[障害者雇用コンサルタント]
雇用義務のある企業向けに障害者雇用サポートを提供し、障害者の雇用定着に必要な環境整備・人事向け採用コーディネート・助成金相談、また障害者人材を活かした事業に関するアドバイスを実施。障害者雇用メリットの最大化を提案。その他、船井総研とコラボした勉強会・見学会の開催や助成金講座の講師やコラム執筆など、障害者雇用の普及に精力的に取り組んでいる。

▼アドバイス実施先(一部抜粋)
・opzt株式会社・川崎重工業株式会社・株式会社神戸製鋼所・沢井製薬株式会社・株式会社セイデン・日本開発株式会社・日本電産株式会社・株式会社ティーエルエス・パナソニック株式会社・大阪富士工業株式会社・株式会社船井総合研究所・株式会社リビングプラットフォーム