環境・人間関係・福利厚生・給料に不満はないけど、今の会社で働き続けたいと思わない理由

こんにちは!
「半年後には転職しよう!」って思ってからの方が、会社で充実しているように感じる中村です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

僕は元気です。ですが、やる気はミジンコレベルです。
モチベーションなんてあってないような人間ではありますが、そんなカスみたいなモチベーションも今ではないに等しい状態です(笑)

とは言いつつも、会社や仕事に対して何か不満があるわけではありません。「休暇取りたい」っていえばいつでも休暇は取れますし(もちろん有休の範囲内で)、黙っていても昼食は出てきますし、残業もしなくても怒られませんし、怒鳴り散らすようなヤバい人もいませんし、洗脳してくるような野蛮な上司もいないですからね。環境は申し分ありません。

でも、会社は辞めたい!ってのが本音です。贅沢な悩みで申し訳ないですね。

ということで今回は不満はないけど、働き続けたい!って思えない現状についての愚痴悩みについて書いてみようと思います。

現状に不満らしい不満はほとんどない


会社や仕事に対して不満らしい不満はほとんどありません。

・コーヒー・お茶飲み放題
・低額で昼食が食べられる
・残業はほぼなし
・残業代は1分から出る
・有休は一年目から20日ある
・有休は好きな時にとれる
・服装は自由(ビーチサンダル・短パンはダメらしい)
・空調は快適
・怒鳴るような野蛮人はいない
・ボーナスがもらえる

など、正直福利厚生は申し分ないですし、障がい者雇用でありながらそれなりに給料やボーナスはもらえているので、不満はありません。

もちろん、まったく不満がないといえば嘘になりますが、「もう会社に行きたくない!!!!!!!」みたいに発狂するほどのことはありませんし、家から一歩も出られないみたいなこともありません。まぁ行っとけばなんとかなるやろくらいな感じなので、不満はほとんどないのでしょう。

もし今の環境がダメなら、別のところはもっとダメに感じるくらい環境はいい

僕の今の職場の環境や福利厚生の話を知人にしたことがあるのですが、その際に知人にこんなことを言われました。

「今の会社は働く環境としては、(あなたに)合ってるよね。だから、今の会社が合わないとか、ダメとか言ったら、他の会社でやっていけへんのとちゃう?」と。

まぁ図星ですよね(笑)

まぁこれだけ整った会社ってそうないですし、環境だけではなく、人間関係、家からの立地などを考えると、最高といっても過言ではありません。なので、今の会社をけなし、他の会社に行ったらもう働けないんじゃないかって言われても、無理はありません。僕が知人でもそういうでしょうね(笑)

不満はないけど、会社や仕事に興味が一切持てない…

今の会社に関しては、環境にも、人間関係にも、福利厚生にも、立地にも、給料にもほとんど不満はありません。

でも、会社や仕事に対して一切興味が持てないんですよ。

これが唯一の悩みであり、最大の悩みであり、辞めたい理由です。

メーカーには最初から興味はありませんでしたが、これほどまでに興味が持てないとは思いませんでした。いつかのコラムで書いたかもしれませんが、僕にとってモノって、使えればそれでいいんですよね(笑)

よりよくしようなんて思いませんし、売りたいとも思わないですし、新しいものを開発したいとも思いません。

僕は誰かが作った便利なモノやサービスが使えればそれでいいですし、別に多少使い勝手が悪くてもあんまり文句はないんですよ。自分が改善できるわけでもないですし、文句をいう筋合いもないと思ってますから。

なので、今のモノづくりメーカー、特にモノづくりの中でもその研究を行っているような職場は僕には不向きなんですよね。

働く環境以上に、仕事に対する興味は大切


いつだったかネットで「環境や人間関係がよければ、人は辞めない」みたいな内容の記事を読んだことがあります。

もちろん、ある側面では環境や人間関係がよければ、辞めないというのは事実だと思います。かくいう僕も、今の会社を辞めたいとは思いながらも、居心地が良すぎて、居座ってしまっていますし、居座り続けるんじゃないかって思うことさえありますからね。

でも、環境や人間関係だけで人は生きてるわけじゃないんですよね。

やっぱりどこかで社会貢献したいとか、誰かのためになりたいとか、自分の興味のあることをしたいとか、自分のスキルを活かしたいって思っているはずなんです。だから、環境や人間関係だけでは仕事は続かないと思います。そして、それは巡り巡って年収の増加や幸せに繋がるんじゃないかって思います。

もちろん、環境や人間関係は大切です。ですが、それと同等かそれ以上に「仕事に対する興味、好奇心」は大事なんじゃないかって思います。

さいごに

環境・人間関係・福利厚生・給料に不満はないけど、今の会社で働き続けたいと思わない理由について書いてきました。

まぁ不満はなくても、会社を辞めたくなるんだなっていうのは、生きてきてはじめての感覚なので、自分でも不思議ですし、変な感じがしています。

でも、それが人間だよなって思います。ぬるま湯に浸かっているのって楽なんですが、たまには熱い湯船や水風呂に入りたくなりますし、なんならサウナで汗びっしょりかきたくなりますからね。

働く上で興味や好奇心、刺激が必要不可欠ではないのかもしれません、ですが、僕にとってはそれらが必要不可欠ですし、福利厚生や給料以上に大きな比重を占めていることは間違いありません。

なので、今後はそういった仕事や会社を求めていこうと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 祐基 (大手電機メーカー勤務)

就労移行支援を経て、大手電機メーカーに障害者として就職。診断名はADHD(注意欠陥多動障害)。吃音症と糖尿病も併せ持ちます。集中力のなさと、物忘れが多い半面、情報処理は異常に速い。言ってはいけないことを言ってしまい怒られることもしばしば。ミルマガジンでは、障害者として就職活動をしたこと、就職している実体験について主に書いています。