レポート:阪和興業株式会社と株式会社革靴をはいた猫による出張靴磨き

先日ミルマガジンにて、阪和興業株式会社と株式会社革靴をはいた猫が取り組む新たな障がい者雇用について、両社の対談をご紹介しました。

インタビュー:新しい雇用モデルで協業『阪和興業株式会社・株式会社革靴をはいた猫』が進む道・前編

2020.11.26

インタビュー:新しい雇用モデルで協業『阪和興業株式会社・株式会社革靴をはいた猫』が進む道・後編

2020.12.01

多くの読者の皆様にご覧いただけたようで、各方面から感想やご質問をいただきました。障がい者の雇用やはたらき方への関心の高さを改めて感じることができました。
対談記事の掲載後に出張靴磨きの現場を取材する機会がありましたので、ご紹介をしようと思います。

日 時:2020年12月4日(金) 9:30~15:30
場 所:株式会社竹中工務店 地下1階 イベントスペース

株式会社竹中工務店

今回、出張靴磨きにご協力をいただきましたのは大阪に本社をおく株式会社竹中工務店になります。同社と阪和興業は本業の取引先としてお互いをよく知る間柄でもあり、今回の取り組みについても快くご理解をいただいたということです。
こちらの場所では初めての出張靴磨きでしたので、ご用意いただいたスペースの形状や広さ、入口の場所などを確認しながらテーブルを配置するところから始まりました。

当日は、大阪の読売テレビが阪和興業での靴磨き事業による障がい者雇用についての取材があり、設営時点からテレビカメラによる撮影が行われていました。皆さん、緊張することもなく普段と変わらない様子で準備に取り掛かっていました。



オープンは9:30だったにもかかわらず、事前告知による効果もあって9:00過ぎには第一号のお客様がご来店いただき、3足の靴磨きをご注文されました。実は今回、竹中工務店での靴磨きは初回ということもあり、同社では事前に従業員の方々向けにご案内をしていただき予約制にしていました。というのも、一日で靴を磨くことができる数も限られているため、予想を上回るご注文が来た場合にご迷惑をお掛けすることになるという考えからでした。

その予想通り、当日に靴をお持ちいただいた従業員の方もおられたり、次回開催時に持ってくるために相談に来られた方もいらっしゃいました。
靴磨きというと、「男性の革靴」のイメージが強いと思いますが、女性のお客様も多く、靴以外の革製品(バッグ、財布、ベルトなど)の修理にも対応しているため、お客様のご相談にも幅広く対応することができるのも大きな特徴のひとつです。
その後も切れ間なく、靴磨きのご注文が入りメンバーがテキパキとそれぞれの仕事をこなしていきました。



今回、こちらの出張先に配置された靴磨きの施術メンバーは5名。そのうち障がいのあるのは3名でした。
次から次へと持って来られる革靴を、真剣な眼差しでひとつずつ丁寧に磨いていく姿は立派な靴磨き職人です。

両社が取り組んでいる障がい者雇用を見ていると感じることがあります。障がいのある人たちの中にはできる範囲が限定される人も多いのですが、そのできる仕事に出会えた時には、相手が十分に満足する結果を残せるということです。
「その人ができないところ・苦手なところ」を評価するよりも、「その人ができること・得意なところ」で評価することの方が、与えられた役割で成果を残すことができますので組織にとっても個人にとっても、本来求められる姿なように思います。

おそらく、障がい者の雇用を通じてこのことに気が付いた企業は、組織も従業員も成長する土壌ができているのだと感じます。



この日9:30~15:30まで実施された結果、合計56足のオーダーが入りました。これまで阪和興業と革靴をはいた猫の両社が共同で実施した出張靴磨きでは最多のオーダー数だったということです。

このことは、場所をご提供いただきました竹中工務店のご協力はもちろんのこと、障がいのあるスタッフが磨いた靴の仕上がったクオリティの高さが示しているのだと思います。
実際、私が取材で現地にいる間も、磨き終えた靴を受取りに来られた方々が驚きと満足感のある表情で帰って行かれる姿を多数拝見することができました。

また、出張靴磨きの新たな試みとしてマンションにお住いの方々向けのサービスも同じく12月に実施いたします。
今後も、出張靴磨きの受け入れ先が増え、この事業の認知が広がることを期待したいと思います。
取材のご協力ありがとうございました。


当日の様子が読売テレビ「かんさい情報ネットten.」にて放送されました。
https://www.youtube.com/watch?v=UqZnOEYHYo8
『阪和興業株式会社』
大阪本社:大阪市中央区伏見町4-3-9 HK淀屋橋ガーデンアベニュー
東京本社:東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア
URL:https://www.hanwa.co.jp/
『株式会社革靴をはいた猫』
住所:京都市中京区亀屋町370-1 サンルミ御池1F
Mail:shoeshine.cat39@gmail.com
Tel:080-2619-2843
URL:https://kawaneko39.com/
FB:https://www.facebook.com/shoeshine.cat39/?ref=page_internal
Instagram:https://www.instagram.com/explore/locations/1726897364287013/
Twitter:https://twitter.com/shoeshine_cat39

【ご協力】
『株式会社竹中工務店』
本社:大阪市中央区本町4-1-13
URL:https://www.takenaka.co.jp/

ABOUTこの記事をかいた人

上前 忠司 (日本障害者雇用総合研究所代表)

[障害者雇用コンサルタント]
雇用義務のある企業向けに障害者雇用サポートを提供し、障害者の雇用定着に必要な環境整備・人事向け採用コーディネート・助成金相談、また障害者人材を活かした事業に関するアドバイスを実施。障害者雇用メリットの最大化を提案。その他、船井総研とコラボした勉強会・見学会の開催や助成金講座の講師やコラム執筆など、障害者雇用の普及に精力的に取り組んでいる。

▼アドバイス実施先(一部抜粋)
・opzt株式会社・川崎重工業株式会社・株式会社神戸製鋼所・沢井製薬株式会社・株式会社セイデン・日本開発株式会社・日本電産株式会社・株式会社ティーエルエス・パナソニック株式会社・大阪富士工業株式会社・株式会社船井総合研究所・株式会社リビングプラットフォーム