インタビュー:株式会社阪神コンテンツリンク 井上和さん

今回、インタビューにご協力いただいたのは株式会社阪神コンテンツリンクで勤務している井上和さんです。

井上さんは聴覚に障害を持ちながら、企業で事務職として勤務されている傍らデフバスケットボールの選手としても活躍されています。

障害を持ちながら社会人として働く井上さんのインタビューをどうぞ。

1.読者向けに自己紹介をお願いします。

初めまして井上和と申します。
私は聴覚障がい持ちで、今は仕事、バスケ両立しながら頑張っています。

取材レポート:障害者スポーツ『デフバスケットボール 男子日本代表』

2018.03.23

U21デフバスケットボール男子代表 世界選手権で銀メダル獲得!

2018.08.21

2.働き出した経緯・キッカケを教えてください。

元々はトヨタ自動車で勤めていました。
2交代制でバスケが出来ないということで悩み続けていました。その時デフバスケ日本代表の上田さんと悩み相談し、上田さんの紹介で今の仕事が出来ています。

インタビュー:デフバスケットボール男子日本代表監督 上田頼飛さん

2018.04.03

3.働き出した当初感じたとまどいや失敗談はありますか?また、その克服方法は何でしたか?

自分は耳が聞き取りにくいので資料をコピーをお願いされた時、勘違いをしてしまう事があります。またはパソコンでエクセルの計算間違い、すれ違いなどもいろいろありました。
克服方法は間違いや勘違いをしないように再確認をしてメモしたりしました。そのおかげで自分から聞く姿勢を増えることができました。

4.あなたにとって働くことの意味とは何ですか?

挑戦とやりがいです。
働くことで新しい内容に挑戦するのもあり、新しい意識が身につけることが出来る!
そう意味で社会貢献にもなり、自分のやりがいを感じます。

5.就職準備中・求職活動中の障害も持った方へのエールをお願いします。

何かあっても諦めないでほしい。
差別があるから無理とか一般人と違うから無理とか思っていませんか?僕も最初はそう思っていました。
でもそれは間違ってると思います。最後まで諦めずに努力をすれば差別することはありません。自分の障害は神様から与えられた試練だと思ってその試練を乗り越えることを努力しています。
自分の障害を押し付けず…誇りを持ち続けて一緒に頑張って行きましょう!

インタビューにご協力いただきありがとうございました。

勤務先情報
企業名:株式会社 阪神コンテンツリンク
代表者名:北口正人
設立日:平成元年9月1日
業種:イベント企画販売、セールスプロモーション
所在地:大阪市福島区海老江1丁目1番31号 阪神野田センタービル10F
ホームページ:https://hcl-c.com/

ABOUTこの記事をかいた人

上前 忠司 (日本障害者雇用総合研究所代表)

[障害者雇用コンサルタント] 雇用義務のある企業向けに障害者雇用サポートを提供し、障害者の雇用定着に必要な環境整備・人事向け採用コーディネート・助成金相談、また障害者人材を活かした事業に関するアドバイスを実施。障害者雇用メリットの最大化を提案。その他、船井総研とコラボした勉強会・見学会の開催や助成金講座の講師やコラム執筆など、障害者雇用の普及に精力的に取り組んでいる。 ▼アドバイス実施先(一部抜粋) ・opzt株式会社 ・川崎重工業株式会社 ・株式会社神戸製鋼所 ・沢井製薬株式会社 ・株式会社セイデン ・日本開発株式会社 ・日本電産株式会社 ・株式会社ティーエルエス ・パナソニック株式会社 ・大阪富士工業株式会社 ・株式会社船井総合研究所 ・株式会社リビングプラットフォーム